Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府は、2020年度の目標を維持し、一次収支の黒字を達成する



首相官邸(毎日/竹内寛)

東京-日本政府は、財政の健全性を回復し、2025会計年度に国および地域レベルで一次財政黒字を達成するという目標を維持する方針を決定したと、複数の政府筋が毎日新聞に報告している。 これは、近い将来開催される経済金融政策評議会(CEFP)の会合で発表される予定です。

2021年6月に内閣が承認した政府の「強力な」政策は、コロナウイルスの財政への影響の検証と、2021年度の「目標会計年度の再確認」を規定した。

新たな展開は、岸田文雄首相の政権が金融改革に対する前向きな姿勢を示す試みであると考えられています。

元本残高は、借入金に頼らずにどれだけの政策費用をまかなうことができるかを示す指標です。 教育を無料にするための消費税収入配分の変更に対応して、政府は2018年6月に、当初の2020会計年度から5年間の基礎的財政黒字の目標年を延期しました。

内閣府は、2021年7月の中長期推計において、高い成長率を踏まえ、2027年度を一次収支黒字を達成する年とした。

(東京ビジネスニュース課後藤毅による日本語原文)

READ  非常に悪いマシンを守るために日本のファックスファンが集まる| 日本