Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府は信西毒薬をめぐる対立を避けた

東京で水曜日の夜遅く、日本は金融サービス部門の歴史の中で最も重要なパートナー紛争から24時間以内に離れていました。それは、新世銀行の将来と部門の最初の敵対的買収の試みの集大成です。

そして突然、そうではありませんでした。 新西の毒薬保護戦略は突然撤回され、木曜日の臨時公開会議はキャンセルされ、日本の非常に敵対的な買収禁止を破る方法は明らかです。 しかし、変化の力または古い日本の奥の部屋の操作が成功したかどうかは明らかではありません。

1998年の不況と長期債務銀行から生まれた会社の強制国有化である新西を取り巻く最近の苦痛は、11億ドルの敵対的な努力で9月に始まった。

この動きは、日本の金融業界で最も物議を醸し、成功を収めている人物の1人である、オンライン証券会社の大物であり、SBIの最高経営責任者である木田雄義高氏によるものです。 彼の混乱への欲求は恥知らずであり、過去数年間の彼の目標は、彼のさまざまなオンラインビジネスを日本の「第4のメガバンク」に成長させることでした。

シンザイを効果的に支配するというその野心は、これまで、さまざまな病んでいる地方銀行の少数株式の購入を含んでいた-多くのオブザーバーは、政治的感謝の暗黙の支持を疑っている。

シンザイに対するSBIの訴訟の時点で、キダオは採石場の20.3パーセントを所有していました。 その珍しい公開買付けは、さらに27.6%を追加して、総株式を48%にすることが期待されています。

シンザイの回答は毒薬の防御を提案しており、SBIは法廷でそれを阻止しようとしたが失敗した。 シンゼが別の買い手を見つけるための探求に不足しているように見えた後、株主は11月25日に投票する予定でした。

ルールに賛成するプログレッシブの自然な投票は、経営を安定させ、株主の買収の申し出から利益を得るのを妨げる可能性があるため、あらゆる種類の毒薬に反対する可能性があります。 しかし、成功した場合、SBIの入札により、Kidavoはより安価で、より大きな銀行に対する法定責任の管理が弱くなり、少数株主に不利な制度的構造が生まれます。

それと他の要因を考慮して、反対に、代理アドバイザーのISSとグラスルイスは毒薬を支持する勧告をしました。 一部の国内外の投資家もこれに対する支持を表明した。 しかし、もっと多くの紆余曲折がありました。

新西の歴史は、日本政府がレゾリューション&コレクションコーポレーションと預金保険コーポレーションの2社を通じて銀行の議決権の22%を保有していることです。

RCCとDICは、当初の救済のために納税者に約3,500億円を返還する必要がありますが、1株あたり7450円の価格で新西を出る場合にのみ返還することができます。 SBIのオファーは、そのプレミアムがあっても、2,000円で入ってきたため、政府がそれを販売する可能性は低いと言えます。 それにもかかわらず、RCCとDICに近い人々は今週、毒薬に反対票を投じると発表しました。これは、政府部門が現在敵対的な買収の真っ只中にあることの兆候として一部の人が取った立場です。

シンザイの毒薬に首尾よく投票するためのRCC、DIC、北尾による共同投票の見通しは、銀行にその屈辱に先んじて安全を引っ張ることを余儀なくさせたようです。 長年、日本の企業の頑固さに苦しんできた意欲的な投資家の中には、成功を収めて吠え、代理アドバイザーが歴史の裏側に立ち往生していると宣言した人もいます。

最後に、彼らは、政府が企業とプライベートエクイティを長い間支配してきた敵対的なオークションを受け入れないという恐れを今や排除しなければならず、日本は企業支配のための長年の市場を作り出すだろうと主張した。

彼らは正しいかもしれませんが、懐疑論者は、最終的な結果の望ましさについての質問が少なくなる敵対的買収により、決定がより信頼できると感じる可能性があると言います。 特に懸念されるのは、少数の利害関係者の利益を管理または保護するためのステップではないように思われる合意の暗黙の政府承認です。

CLSAアナリストのニコラス・スミスは、SBIの取締役会とその事業体には、規制当局から金融サービスを受けた元の、そして非常に影響力のある上級官僚がたくさんいると述べています。 「ブライトンロックのスティックに書かれた「カスタムコンフリクト」と見なされているのではないかと思います」とスミス氏は言います。

[email protected]

READ  エルトン・ジャンツィーズが日本に引っ越し、ヨハン・アッカーマンが再会?