Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府は新星毒薬をめぐる対立を生き延びた

東京時間の水曜日の夜遅く、日本は金融サービス業界の歴史の中で最も重要な株主の対立から24時間以内に立っていました。 代理戦争 新生銀行の将来と、この分野で初めての敵対的買収の試みの集大成について。

それから突然、そうではありませんでした。 シンセイの有毒な丸薬の防御 戦略は突然撤回され、木曜日の臨時総会は中止され、日本の大きな敵対的なタブーを打破する道が開かれたように見えた。 しかし、今日、変化の勢力や古代日本の奥の部屋の陰謀が蔓延していたかどうかはまったく明らかではありません。

新星に関する最新の苦痛-1998年に誕生した設立 崩壊と強制国有化 日本長期信用銀行から-9月にAで開始 11億ドルの敵対的試み

この動きは、日本の金融業界で最も物議を醸し、成功を収めている人物の1人である、オンライン証券業界の大物であり、SBIのCEOである北尾吉孝氏によるものです。 恥ずかしがらずに混乱を楽しんで その定められた目的 過去数年間、彼は多様なオンラインビジネス活動を日本の「第4メガバンク」にアップグレードしてきました。

シンセイの効果的な管理が中心となるこの野心には、これまで、いくつかの問題を抱えた地方銀行の一連の少数株式の購入が含まれていました。 政治的感謝の暗黙のジェスチャーNS。

新世でのSBI移転の時点で、北尾は採石場の20.3パーセントの株式を持っていました。 型破りな公開買付けは、さらに27.6%を追加して、総株式を48%にすることを想定しています。これは、長い承認プロセスと面倒な資本要件を回避する50%レベルをわずかに下回るものです。

シンセイの対応は、SBIが法廷で阻止しようとしたが失敗した、有毒な錠剤防御運動でした。 シンセイが別の買い手を探すことができないように見えた後、株主は11月25日にそれに投票する予定でした。

通常のプログレッシブ賛成票は、経営陣を定着させ、株主が買収提案から利益を得るのを妨げる可能性があるため、あらゆる形態の有毒錠剤に反対します。 しかし、SBIの提案が成功すれば、北尾は大手銀行を安価で低責任で管理できるようになり、少数株主に害を及ぼす可能性のある企業構造が生まれるでしょう。

それと他の要因を考慮して、代理店コンサルタントのISSとグラスルイスは有毒な錠剤を支持する勧告をしました。 また、一部の国内および外国の投資家からも支持されました。 しかし、これからもっと浮き沈みがありました。

新生銀行の歴史により、日本政府は、Resolution&CollectionCorporationとDepositInsurance Corporationの2つの組織を通じて、銀行の議決権の22%を保有しています。

RCCとDICは、当初の救済のために納税者に約3,500億円を返還することを約束しているが、1株あたり7,450円で新星を退出することによってのみ返還することができる。 SBIの入札は、プレミアムを含めても2,000円で行われたため、政府が売却する可能性は低い。 しかし、革命指導評議会とドバイインターネットシティの近くの人々は今週、有毒な錠剤に反対票を投じると発表しました。これは、敵対的買収を支持することに熱心な政府の派閥があることを示すものとして一部の人が取った立場です。

新生銀行の毒薬に首尾よく投票するためのRCC、DIC、および北尾会議の見通しは、この屈辱の前に銀行に防御を撤回させたようです。 長年日本企業の非難と戦ってきた一部のアクティビスト投資家は、代理人が歴史の裏側に落ちたと勝利し、宣言した。

最後に、企業やプライベートエクイティに制限を課している敵対的入札を国が拒否することを恐れ、今や上昇しなければならず、日本は企業支配の長い間存在しない市場が発展するのを見るだろうと彼らは主張した。

彼らは正しいかもしれませんが、懐疑論者は、この結果は、収益の望ましさについての質問を少なくする敵対的買収でより理にかなっているかもしれないと示唆しています。 特に懸念されるのは、ガバナンスや少数株主の利益を保護するための一歩ではないように思われる取引に対する政府の暗黙の承認です。

CLSAのアナリストであるニコラス・スミス氏は、SBIの取締役会とその企業グループの金融サービス規制当局から主に引き出された元上級官僚が多数存在し、潜在的に非常に影響力があると述べています。 「これは、「利害の対立」がずっと書かれているブライトンの岩の一部として見られるのではないかと心配しています」とスミス氏は言います。

[email protected]

READ  台湾はフィリピン、インドネシア、日本から輸入されたコロナウイルスの7例を記録しています| 英文台湾日報