Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府は無料のCOVID-19ワクチンを終了するよう促した

月曜日の専門家パネルは、日本政府が特別措置として投与されたCOVID-19ワクチンの無料配布を終了することを提案し、主要経済国の中ですでに最悪の1つと考えられている財政状態のさらなる悪化に対する懸念を挙げた。

金融審議会小委員会を開催した財務省は、人々が日常生活の一部としてコロナウイルスと一緒に暮らし始め、社会活動やビジネス活動が制限されているため、COVID-19 ワクチン接種プログラムを正常化する必要があると述べました。 活動をアップしました。

政府は、医療サービスがコロナウイルスのパンデミックと戦うのを支援するために、病院のベッドの確保や無料のワクチン接種の促進などの費用で、約17兆円(1,155億5000万ドル)を費やしました。

今年3月に終了する2021会計年度に、人口1億2500万人の日本は、2億5700万回のコロナウイルス注射を投与し、2.3兆円を費やしました。 1回のワクチンの費用は約9,600円です。

協議の中で、外務省は、季節性インフルエンザや他の感染症と同様に、予防接種を希望する人は費用の一部を負担する必要があると述べました.

彼女はまた、政府が無料配布のために購入したCOVID-19抗原検査キットは、民間部門が利用できるようにしなければならないと述べた.

政府は約5000億円の資金を投入しているが、日本企業によるワクチン開発の取り組みが実を結んでいないことを踏まえると、厚労省は、各企業の研究開発力を「十分に検討する」必要があると述べた。

世界第 3 位の経済大国である日本は、2025 年度までにプライマリー バランス、つまり税収から債務返済コスト以外の支出を差し引いた額を黒字にするという目標を設定しています。

しかし、ウクライナ危機の中で物価が最近上昇したことや、急速に高齢化が進んだことで年金や医療などの社会保障費が急増していることを考えると、財政改革への期待は薄れつつある。

READ  アジア株はまちまち。 中国の経済は7月から9月の期間で3.9%成長しました