Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府は緊急時にアストラゼネカワクチンを6都道府県に配布することに焦点を当てます



医療従事者は、2021年7月27日にブエノスアイレスのヘルスセンターでアストラゼネカCOVID-19ワクチンを投与する準備をしています(AP Photo / Victor R. Caivano)

東京発-河野太郎行政改革・COVID-19ワクチン接種担当大臣は8月3日、日本政府が東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、沖縄の6県にアストラゼネカコロナウイルスワクチンを割り当てると発表した。 彼らは現在、ウイルスのために緊急事態にあります。

地方自治体は、感染が最も一般的な地域を優先してワクチンを配布することを要求しています。 中央政府は8月5日まで予防接種の要請を受け入れ、8月16日からこれらの地域への予防接種の提供を開始します。

6都道府県の最大線量は、東京579,500、神奈川390,600、埼玉258,700、千葉305,600、大阪357,900、沖縄58,000である。 非常事態宣言が出されていない残りの41郡については、アストラゼネカワクチンの配布が8月23日に開始され、郡ごとに1,000回の投与が上限に設定されます。

厚生労働省は7月30日、英国の製薬会社アストラゼネカPLCが、予防接種法に基づいて、原則として40歳以上の人々にワクチンを接種することを決定しました。 日本政府は、8月と9月をカバーするために200万回の線量を確保しました。

政府は、海外でアストラゼネカワクチンを1回だけ注射した人、およびアレルギー反応のために米国ファイザーまたはモダニナワクチンの予防接種を受けられない人をワクチンに適用することを計画しています。 河野氏は8月3日の記者会見で、「50〜40代の感染を減らす」ことが重要だと強調し、「ワクチンを必要な場所に適切に配布しなければならない。割り当てたい」と述べた。 6つの州に焦点を当てて」。

河野氏はまた、検査の遅れにより一時的に停止された各国へのモダーナワクチン供給の問題に触れ、「日本への供給をできるだけ早く正常化するために交渉している」と述べた。

(政治ニュース課堀和彦による日本語原文)

READ  月の暗黒面に関する新しい科学的調査