Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府は1億6000万ドルの債務を延期することに同意

イスラマバード: 日本政府とパキスタン政府は、G20 債務返済停止イニシアチブ (DSSI) の第 3 かつ最終段階として、1 億 6000 万ドルの債務モラトリアムに合意した。

日本大使館は水曜日、繰延債務の総額が7億3000万ドルに達したと発表した。これにより、パキスタン政府はCOVID-19のパンデミックと洪水の影響を受けた経済を回復するための財政的余裕が生まれる。

それ以前に、両国政府は、DSSI イニシアチブの下、2021 年 4 月に 3 億 7000 万ドルの最初の債務モラトリアムと、2021 年 10 月に 2 億ドルの 2 億ドルの債務モラトリアムに合意しました。

1990 年代初頭から 2010 年代半ばにかけて、パキスタンでは、債務の繰り延べの対象となるソフト ローンが、道路、トンネル、発電所、ネットワーク、灌漑、給水、衛生施設などのインフラの開発に使用されました。

これらのソフト ローンは、低金利、長い猶予期間、返済期間という点で、パキスタンにとって有利な条件を享受しています。 最新の合意では、2021 年 7 月から 12 月までの債務と利子の支払いは、2023 年 6 月 15 日以降に延期されます。

債務の繰り延べに加えて、日本政府は、6月中旬からパキスタンで発生した洪水災害による被害に対応して、パキスタンに700万ドルの緊急援助金を供与することを決定しました。

この緊急助成金により、食料、避難所、非食料品、健康と医療、水と食料などの分野で、さまざまな国際機関を通じて、パキスタン各地の洪水災害で深刻な被害を受けた人々に対する人道支援活動の実施が可能になります。衛生。

和田光弘日本国大使は、パキスタン支援へのコミットメントを改めて表明し、日本はパキスタンの人々を支援する用意があることを確認した。

「ニーズの規模が急速に拡大しているため、私たちは最善のサポートを提供し、影響を受けた人々が利用できるようにすることが重要であると考えています.「2022年洪水対応計画」の一環として、私たちは集団的かつ調整された行動が確実に行われるように支援を拡大します.国家の緊急事態に対応するために撮影されました。」

日本政府はすでに、国際協力機構を通じて緊急支援物資としてテントとビニールシートを提供しており、これらの物資は現在、必要としている人々に配布されています。

投稿日: 2022 年 9 月 22 日

READ  ブラックホールからの痛みを伴う音は、人間が2億4000万光年離れた宇宙の音を聞くことを可能にします