Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本政府報道官が飲酒運転で辞任

日本政府報道官が飲酒運転で辞任

松野弘和官房長官。 (京都)

日本政府の最高報道官の秘書官が、飲酒運転で交通違反切符を切られた後、辞任を希望していると、上司の松野博和官房長官が土曜日の声明で述べた。

松野氏は、政策秘書官の行動について国民に謝罪し、この問題を「非常に真剣に」受け止めており、「監督と管理が十分に行き届いていなかった」と述べた.

東京の東にある千葉県の松野の選挙区事務所に勤務する秘書は、月曜日に衆議院に辞表を提出する予定です。

松野容疑者によると、秘書の49歳の男性は、千葉市の居酒屋で19日午後7時から約1時間、一人で酒を飲んでおり、帰宅途中、1キロ足らずの距離で警察官に止められた。 質問すること。

飲酒検査で血中アルコール濃度が法定値を超えていることが判明し、交通違反切符を切られました。

松野さんによると、秘書は焼酎の薄めた酒をグラス3杯飲んだが、指定のドライバーサービスに電話がつながらなかったため、「納得して自分で運転することにした」と語った。

READ  98人が死亡した日本の地震で倒壊した家屋で生存者が目撃されている。 さらに数十人が行方不明になっている