Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本救援機関長がウクライナの避難者への支援を約束





国際協力機構の田中明彦総裁が2022年4月8日に東京で行われた記者会見で講演(共同通信)

東京(京堂)-今月初めに政府関連の援助機関でトップの仕事に戻った田中明彦は、ロシアの東ヨーロッパの国への侵略を受けてウクライナから逃げる人々を助けることを金曜日に約束した。

「ウクライナ政府への緊急財政支援に加えて、私たちに何ができるかを検討し、避難者に必要な支援を提供したい」と、4月に国際協力機構の長に戻った田中さん(67)は述べた。 1年以上の休止の後。

JDBCは、ウクライナの隣国であるモルドバにスタッフを派遣し、避難所への訪問や地元の医療機関との意見交換を通じて、戦争で荒廃した国からの避難者を支援するために何が必要かを理解しました。

日本は、大規模な脱出の中でウクライナからの多数の難民を受け入れる国々に、財政支援を含む2億ドルの緊急人道援助を提供することを決定しました。

国際政治の専門家であり、日本の国立政策研究所の元所長である田中氏は、コロナウイルスのパンデミックにより、2020年の20年以上で世界的に極度の貧困状態にある人々の数が初めて増加したと述べた。

田中氏は、開発途上国で最も「脆弱な」人々に「大打撃を与えた」と述べたウクライナでのパンデミックと戦争の影響に取り組みながら、日本に支援を実施するよう求めた。

数十年にわたる東京の政府開発援助が3月に終了した後も、JICAは中国に事務所を置いていたと述べ、世界第3位と第2位の経済大国が開発援助に協力することが重要であると述べた。

田中は、国際協力機構の長として、元国際大学学長の北岡伸一に代わった。 2015年10月に北岡が首位に就任するまで、田中は2012年から3年半の間、代理店の責任者を務めていました。

READ  デビッドYイギー| 知事室プレスリリース:英治知事は、経済発展、再生可能エネルギー、ハワイへの旅行を促進するために日本に向かいます