Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本文化協会がカラオケ・ボナンザ・ザザナ~グランドバレー・ランソーンを開催~

日本文化協会がカラオケ・ボナンザ・ザザナ~グランドバレー・ランソーンを開催~

日本文化協会(JCA)は、9月15日(金)に言語資料センターでカラオケ・ボナンザ・ザナ・イブニングを開催した。

JCAは学生たちに音楽を通じて日本文化を少し探求する機会を提供しました。 カラオケマシンには伝統的な食べ物や軽食が備わっています。 これらの軽食がテーブルを埋め尽くし、学生たちはイベントにさらに浸ろうと列に並びました。

参加した学生の中には、JCA主催のイベントを初めて体験する人も多くいました。 GVSU の新入生である Tyryn Moore さんは、イベント中に何か新しいことに挑戦する機会を得ました。

「普段は友達や家族とカラオケをしますが、知らない人たちとカラオケをすると本当に素晴らしいです。新しい友達や人間関係を作ることができます」とムーアさんは語った。

カラオケは日本文化の大きな部分を占めており、多くの人が娯楽の一種として、また友人や家族と楽しい時間を過ごす方法として利用しています。 誕生日など様々なお祝い事にも利用されています。 クラブは、旅行せずにGVSUに日本の味をもたらし、異文化の視点を得る方法としてこのイベントの成功を表現した。

パーティーでは学生たちが集まり、食事をし、語り合いました。 クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」などアニメからポップカルチャーまで幅広い曲が歌われた。 生徒たちは緊張しながらも歌い続けていましたが、仲間たちからの励ましと声援が送られてきました。 一部の曲では、テレビ画面に表示される歌詞を全員が参加して歌っていました。 多くの学生も音楽に合わせて踊り、その声が言語資料センターに響き渡りました。

クラブで提供される伝統的な食べ物の 1 つはおにぎりです。 おにぎりは、蒸したご飯を丸めて海苔で巻いた料理です。 クラブはまた、クッキー、ソーダ、その他の日本の軽食を学生に提供しました。

JCA は、同じような関心を持つ人々が集まることを望んでいました。 さらに、このクラブは学生が他の人と交流し、自分の文化を探求したり、自分とは異なる文化とつながる場所となることを目指しています。

「私たちは、人々が日本文化のさまざまな側面を学ぶための非公式な場所を作りたいと考えています。言語に重点が置かれていますが、これにはお祝いやエンターテイメントも含まれます」とJCA会長のアレクサンドリア・ハートウッドは述べた。

ハートウッド氏は、このようなイベントは、これまでこの種の文化を経験したことがないGVSUの他の学生に日本文化の知識を広めるというクラブの目標を推進するために重要であると語った。 さらに、ハートウッド氏は、このクラブが学生たちが勉強の休憩を取り、仲間と交流し、楽しむための場所になることを願っていると述べた。

“それまで 「カラオケの夜をしたり、お茶会に参加したりするような小さなことであっても、それは自分自身の視点を超えた学習の一形態です」とハートウッド氏は言う。

クラブ事務局長を務めるアジャ・シムチョさんは今年JCAに入会し、この組織が将来どのような活動をするか楽しみにしています。

「ここに人が来てくれてうれしいし、出席者も集まってくれてうれしい」とシムショーさんは語った。 「今年もクラブが成長し続けることを願っています。」

シムショーさんは、クラブ会員が日本のかき氷を販売するグランドヘブンのカフェを訪れることができる将来のイベントに興奮していると語った。

日本文化協会はカラオケ・ボナンザ・ズザナと同様のイベントを多数開催しており、ウェブサイトでご覧いただけます。 いいねリンク ページ。

READ  むつぐろ:愛する動物学者の畑正則さんが87歳で逝去されました