Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本料理で大根が人気の理由

では、なぜ大根は日本で人気があるのでしょうか。 によると ジャパンタイムズ大根は、一年中入手可能で、何にでも合う万能性があるため、日本料理で特別な地位を獲得しています。 緑の葉と白い果肉は、さまざまな料理の繊細で複雑な味を変えるさまざまな方法で楽しむことができます。 ウコン漬け、すりおろして魚介の脂ののったスープやシチュー、生でスライスしてサラダ、エスン串焼き、自家製ポン酢で召し上がれます。

日本ガイド 彼は、大根の多用途性がフレーバー ノートの変化にも役立つと述べています。 生で食べると、特に大根の下半身はからしやわさびと同じくらい辛い味がします( 自然の言葉)。 しかし、熟すと味わいが増し、濃厚な甘さが際立ちます。 大根は非常に用途が広いので、河野正典はそれを使って愛らしい食用の彫刻を作り、それを共有しています マイ・モダン・メット.

大根は栄養価が抜群です。 ヘルスライン その栄養プロファイルは、このような低カロリーの野菜にとって非常に印象的であり、葉酸、ビタミンC、および抗酸化物質がより多いことに注意してください. デンプンとカロリーが低く、繊維が多いため、体重管理にも適しています.

READ  米国宇宙軍X-37Bスペースプレーンが軌道記録に近づく