Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本最古の蒸気機関車のラスト乗車

日本最古の蒸気機関車のラスト乗車

現役の日本最古の蒸気機関車が3月23日、九州南西部で最後の運行を行い、駅や線路には鉄道ファンや地元住民らが見送りに訪れた。

SL人吉号が熊本県の熊本駅と福岡県の博多駅の間を101年前の蒸気機関車で最終往復した。 午前中に熊本から博多まで3両編成の列車がディーゼルエンジンで走行し、午後には蒸気機関が約120キロの往復で列車を牽引した。

この旅を記念して、午後2時前からハッカッタ駅で特別イベントが開催されました。

九州旅客鉄道は「雄大なSL人吉号を思い出に刻んでいただければ」としている。 あるいはJR。 九州鉄道事業本部長の福永博之氏は講演でこう語った。

約500人の観客の拍手の中、列車は午後5時半ごろ熊本駅に戻った。

鉄道事業者は、老朽化と車両部品や機構の保護が困難なことから、SL人吉号の引退を決定した。

8620 形蒸気機関車は、日本の大正時代 (1912 ~ 1926 年) の 1922 年に製造されました。 1975年に引退したが、1988年から2005年まで観光列車「阿蘇BOY」として運行され、2009年からはSL人吉として延べ41万人の乗客を乗せて2度復活した。

2020年の豪雨災害で肥薩線が被災した後、SL人吉は鹿児島線で活躍した。

沿線自治体からはSL人吉の引退後の展示を要望する声も上がっている。 JR九州は要請を検討すると述べた。

READ  なでしこジャパンと北朝鮮、五輪最終予選第1戦引き分け