Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本最大の地すべりは悪化しているように見える地すべりです

東京(API)-日本の沿岸リゾートで数十の家屋を破壊し、少なくとも7人が死亡した地滑りが、地滑りの歴史があり、大規模な土墳が壊れて被害が拡大した地域で始まった、と当局者は水曜日に述べた。

しかし、彼らは、地滑りがアダミの災害の主な原因であったかどうかを判断するためにさらなる調査と分析が必要であると言い、水曜日に、何百人もの救助隊員と犬が破壊され泥で満たされた家に姿を消した人々を注意深く探しました。

静岡県と原子力市の関係者によると、まだ27人に到達しておらず、土曜日に地滑りが発生した可能性があるという。 多くのアトミックアパートメントはセカンドハウスまたはバケーションレンタルであるため、数を特定することは困難です。

街路や家屋ですべりが破れた後に出てきた土は、個々に黒く、地すべりが発生した地域から落とされた土が大量に含まれていることを示しています。

静岡県副知事の難波隆氏は、当初の概算の結果、表土は適切に造られておらず、前後の地すべりの約半分の大きさであると述べた。

「少なくとも、災害の深刻さは5万トン以上の塚があり、そこにあったと言えます」と元国土省の役人で土木技師の難波は言いました。

彼は、太陽光発電所、森林伐採、住宅用の土地開発、違法な産業廃棄物の投棄など、この地域には他にも土地の変更や改善があると述べた。 さらなる研究が必要ですが、地質学的データは、ソーラーコンプレックスと住宅開発が地滑りを引き起こさなかったことを示唆しています。

マウンドは2010年以前にあり、プラスチックやその他の破片が含まれており、成長というよりは廃棄物の投棄場であったことを示唆していると難波氏は語った。 彼はまた、地下水で満たされた地域に十分な排水がなければ、それは不十分に建設されたであろうと信じています。

当局はまた、尾根や他のプロジェクトに関連する所有権の変更を検討しています。

国土省当局者は、国中の他の土地開発を評価することを計画していると述べた。

地滑りは、日本の多くの沿岸都市のように急な丘の中腹に建てられたアトミックで数日間の大雨の後に発生しました。 東京の南西100km(60マイル)に位置するこの都市の人口は36,800人です。

当局が東京オリンピックの準備をしている約2週間で始まり、この災害は菅義偉首相にさらなる挑戦をもたらします。 日本はまだコロナウイルス感染と戦っています。

日本の梅雨明けの7月上旬には、致命的な洪水や土砂崩れが発生することが多く、気候変動により雨が悪化していると多くの専門家が述べています。

READ  日本は国の安全のためにサイバーセキュリティユニットの総数を増やすことです