Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本最高齢のジャイアントパンダが神戸で28歳で死亡

日本最高齢のジャイアントパンダが神戸で28歳で死亡

日本最高齢のジャイアントパンダ、ダンダンが神戸市西部の動物園で28歳で死んだ。

現存する日本最高齢のジャイアントパンダ、ダンダンが、1995年の阪神淡路大震災からの地域の復興を象徴する24年間を過ごした後、神戸市西部の動物園で28歳で死んだ、と動物園が発表した。 月曜日に。

人間の年齢に相当する80歳のメスのジャイアントパンダは、2021年3月に心臓病と診断され治療を受けていた。 ゴビ王子動物園によると、病気の失速により死亡したとみられる。

日曜日の現地時間午後10時過ぎにダンダンが心肺停止状態にあるのを飼育員が発見し、獣医師による蘇生処置を受けて現地時間午後11時56分に死亡が確認された。

タンタンは2000年に中国から10年間の賃貸契約で来園したが、中国側が2度の契約延長に同意したため滞在期間が延長された。

パンダは2020年7月に中国に返還される予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックにより延期された。

パンデミック後、加齢に伴う心血管疾患の診断を受け治療が必要となったため、2021年に復帰が再び保留となった。

同動物園はジャイアントパンダの健康状態を理由に、2022年春から一般公開を延期している。 昨年の秋頃から、ダンダンは活動的になり、昼寝も長くなりました。

月曜午後の記者会見で、同動物園の加護裕次郎園長(55)は、ジャイアントパンダが約24年間、特に地震後、地元住民や子供たちに勇気を与えてきたと述べた。

加古さんは「長年にわたりジャイアントパンダのタンタンに関心と愛を示してくださった皆様に感謝の意を表したい」と述べた。

READ  空港に墜落・炎上した日本軍機 379人が奇跡の生還