Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本東部の避難所は亡命希望者に一時的な休息を提供します



2021年11月19日、神奈川県鎌倉市のアルビ難民センター近くの成人向けデイケアホームで、難民申請をしたミャンマー人女性が高齢者の肩に手を置いているのが見られる。宮武有希)

神奈川県鎌倉市-JR鎌倉駅からバスで約15分、急な坂道を散歩すると、亡命希望者の避難所であるアルーペ難民センターに到着します。

イエズス会が運営者に27,739平方メートルの敷地と30人まで収容できる建物の無料使用を許可した後、2020年4月に神奈川県鎌倉市に施設が開設されました。 同協会は、施設の有川健二事務総長が「難民申請者は平和に暮らせる場所が必要だ」と主張し、空間を提供するよう促された。 現在、ミャンマーやスリランカなどの国から10人が参加しています。

ミャンマー出身の40代の女性で、日本に10年以上住んでいる女性は、現在3度目の難民申請を行っています。 久しぶりに日本語が堪能なミミ(仮名)。 彼女の笑顔と冗談は今や明白な印象を与えますが、以前の亡命申請が却下された後、入国管理局(現在の日本入国管理局)の拘置所に在籍中、健康上の問題が悪化して入院しました。



難民申請をしたミャンマー人女性が、2021年10月11日、神奈川県鎌倉市で日本語を勉強するために使ったノートを見せます(マイニチ/三宅有希)

ミミは人との交流が大好きだと言います。 初めての介護者の研修を修了することを目標に、近くのデイケアセンターでカードゲームをしたり、ボランティアとして高齢者と話をしたりしています。

「まずは友達になることが大事だと思います。受け入れられたいとは言えませんが、これからも日本社会で生きていきたいと思います」と語った。

太陽が沈み始めると、男が荷物を持って中央に到着した。 彼は「住む場所がないので、紹介されてからここに来た」と言って施設に入るように頼んだ。 有川容疑者は、慎重に病状を尋ねたところ、その日からそこにとどまることができると語った。 バキ男は震える声で有川に感謝した。



2021年10月11日、神奈川県鎌倉市で、住む場所がなく、荷物がいっぱい入った鞄を手伝ってアルベ難民センターにやってきたスリランカ人男性が見られる。(毎日/宮武有希)。

リサ(別名)は1980年代後半にスリランカから大学に留学するために来日しました。 しかし、内戦で故郷に帰ることができなかったため、難民申請を繰り返した。 彼は、健康のために、現在、移民の拘禁から「一時的に釈放」されていると述べた。 男は仕事も旅行も自由にできなかったので外で寝なければならなかった。

「今、何が先にあるのかわからず、とても心配ですが、住む場所があることに感謝しています」と彼は語った。 数日後、リサを訪ねたとき、「今はうまく歩けないので、まずは完全に直したい」と言って、安心して元気になったようです。

日本は1981年に難民の地位に関する条約に加盟し、翌年には難民認定制度を導入した。 国連難民高等弁務官事務所によると、紛争やその他の理由で国内避難民を含む難民と難民申請者の数は、2020年末に約8,240万人という過去最高に達した。

2020年の日本の申請者数は、コロナウイルスのパンデミック移民規制により、前年比60%以上減少して3,936人になりましたが、法務省によると、難民の特定率はわずか1.2%(47人)でした。

「難民の存在が、人権とは何か、多様性とは何かを考え、受け入れられる社会をつくる機会になりたい。多くの人に理解を広めてもらいたい」と有川氏は語った。

(宮武有希による日本オリジナル、写真集)

READ  中国で発見された卵の中に完全に保存されている恐竜の胚