Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本株は利食いに陥る。 自動車メーカーは6年ぶりの高値を記録

過去2週間の反発で投資家が利益を計上したため、月曜日の日本株は下落したが、トヨタ自動車がチップ不足にもかかわらず通年の生産計画を継続する可能性があることを示した後、自動車メーカーは利益を上げた。

投資家はまた、債務を抱えた中国の不動産会社Evergrandeが存続のために奮闘し、国のGDPが第3四半期に減速するにつれて、中国経済に対する不確実性の高まりに警戒していました。

正午までに、日経平均株価は0.28%下落して28987.66となり、10月以来の最高水準である29,144.33まで上昇した後後退した。

三井住友トラスト・アセット・マネジメントのチーフストラテジスト、植野浩之氏は、「日経が29Kを超えると、多くの投資家が利益を上げたいと考えている」と述べた。

より広範なTopixは2016.53まで0.37%減少しましたが、輸送機器メーカーのTopixは2015年以来の最高レベルまで1.8%上昇しました。

トヨタ自動車は、11月の世界計画生産をチップ不足が続くことから最大15%削減した後、2.5%急増したが、直近の通年生産目標を堅持し、12月から増産する見通し。

ライバルの自動車メーカーも、円安が収益を押し上げていると見られることから、スズキモーターズが2.5%、スバルが2.2%、デンソーが2.6%と上昇した。

コモディティ市場の力強さのおかげで、資源関連株もまた明るいスポットでした。 三井金属鉱業は5.1パーセント、住友金属は2.1パーセント、インペックス石油探査は5.0パーセントを追加しました。

ベイカレントコンサルティングは、四半期利益が投資家の強い期待を下回ったため、11.7%の損失を出しました。 今年の株価はまだ約150%上昇しています。

FintechのスタートアップMoneyForwardは、予想を上回る四半期損失を報告した後、12.8%減少しました。

投資家が雇用サービス会社の四半期決算に混乱した後、パソナは5.8%を失った。 (佐野英幸による報告、Uttaresh.Vによる編集)

READ  中国の国家資本主義と企業識別システム