Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本株は急落から反発し、テクノロジー株は上昇を牽引

東京(ロイター)-投資家が前のセッションで急激に下落した後、掘り出し物を探したため、木曜日に日本の株が上昇し、テクノロジー株が上昇をリードした。

日経指数(。

藍澤證券のファンドマネジャー、三井一子氏は、「前回のセッションでの明らかな原因のない下落は予想以上に深刻で、今日の上昇はそれからの反発だ」と述べた。

今すぐ登録して、reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

「国内成長のファンダメンタルズは比較的強く、日本での流行は終わりに近づいており、サービスの需要は伸びると予想されています。」

ナスダック総合指数(.IXIC)が技術的な上昇に支えられ、ウォール街の株価は米国の感謝祭の休暇に先立って高値で取引を終えました。

日本の同業他社はNasdaqを追跡しており、ゲームメーカーのソニーグループ(6758.T)が1.35%増加し、ウェーハメーカーの信越化学工業(4063.T)が1.63%増加し、チップ製造装置メーカーの東京エレクトロン(8035)が0.63増加しています。 。 %。

石油掘削・精製会社(.IMING.T)と(.IPETE.T)は、石油価格が横ばいであったため、東京証券取引所の33のセクター別サブインデックスでそれぞれ1.41%と1.37%上昇し、トップパフォーマーの1つでした。 。これまでのところ。

航空会社(.IARL.T)の株価は4.16%下落し、サブインデックスの中で最悪のパフォーマンスを示しました。 ANAホールディングス(9202.T)は、転換社債の売却を発表した後、5.9%の損失を出しました。

三井物産(8031.T)は2.68%上昇し、東証株価指数の上位30銘柄の中で最大の上昇率であり、伊藤忠商事(8001.T)が1.77%上昇した。

リクルートホールディングス(6098.T)は0.84%を失い、トップ30の名前の中で最悪のパフォーマンスを示し、花王(4452.T)は0.37%を失いました。

今すぐ登録して、reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

Uttaresh.Vの編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  COVID-19:長い封鎖の後、最初の土曜日にパーティーは本格的になりました| 英国のニュース