Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本株は経済不安で下落、円高

東京(ロイター)-COVID-19の伝染性の高いデルタ変異による経済成長の鈍化への懸念が投資家のセンチメントを圧迫した一方で、市場の巨人であるトヨタモーターとソニーが円高で下落したため、日本株は月曜日に下落した。

日経平均株価は1.62%安の27,523.19で取引を終え、7月30日以来の最大の下落となった。 より広範なTopixは1.61%下落して1924.98となり、6月21日以来最大の落ち込みとなりました。

日本は、ワクチン接種を含むCOVID-19に対する対策を講じる点で、依然として米国やヨーロッパに遅れをとっています。 三菱UFJモルガン・スタンレー証券のチーフ投資アナリスト、藤戸典弘氏は、「これは、景気の低迷につながる可能性がある」と述べた。

「ミシガン大学の消費者調査の予想よりも悪い結果は、ドルを弱めた米国のデルタ変数の影響を示しました。」

先週発表された調査によると、デルタ変数によって引き起こされたCOVID-19症例の加速の中で、消費者心理は2011年以来の最低レベルに落ち込んだ。

東京はすでに非常事態宣言にあり、これまでのところ流行状態では4番目ですが、一部の専門家は、新たな感染数が記録的なレベルにとどまっているため、東京を全国に拡大する必要があると述べています。

一方、データによると、日本経済は第2四半期に予想以上に回復しましたが、多くのアナリストは、感染の増加を抑えるために緊急規制が再度課されたため、今四半期も成長は緩やかなままであると予想しています。

輸出重視のトヨタ自動車は1.53%減少し、本田技研工業は1.57%減少した。 ソニーグループは2.24%を失った。

富士フイルムホールディングスの株価は、医療機器メーカーが年間営業利益予想を20.9%引き上げた後、6.78%上昇した。

シチズン時計の在庫は、時計職人が6月に終了する四半期に黒字に戻った後、9.82%上昇しました。

東京証券取引所のメインボードで取引された株式数は、過去30日間の平均10億2000万株に対し、10億4000万株でした。 (藤田淳子による報告、編集:UtarishVとSubranchoSaho)

READ  日本の看護師は、コビッド危機の中で東京オリンピックにボランティアを呼びかけることに怒りを表明します。 東京オリンピック2020