Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本株式会社は、インフレと雇用危機により熟練労働者を引き付けようと努力している

日本株式会社は、インフレと雇用危機により熟練労働者を引き付けようと努力している

  • 「春闘」労使協議で賃上げに機運が高まる
  • 一部の企業は、1 回限りのインフレ ボーナスと再教育を提供しています。
  • 岸田首相、賃上げと労働改革を推進
  • 「春都」賃上げは四半世紀ぶりの高水準
  • ただし、賃金の上昇がすぐにインフレを上回るとは思わないでください

東京(ロイター)-インフレ手当から労働者の再教育まで、日本の企業は、従業員が物価上昇と雇用危機に対処するのを支援する取り組みを強化しています。 インフレーション。

毎年恒例の「変革的」労使協議が本格化する中、消費者物価上昇率は 12 月に 41 年ぶりの高水準である 4% に達したため、企業が消費者物価上昇率を打ち負かすことはできないとしても、緩和するためにこうした引き上げを行う機運が労使双方から高まっています。

3月中旬に結審する春の労使協議では、トヨタ自動車など大企業が (7203.T)、 4月から始まる来年度の賃金を設定するために社内組合と交渉中。

人手不足と消費者物価の上昇は、中央銀行の目標である 2% の 2 倍であり、500 兆円 (3 兆 8500 億ドル) の内部留保を持つ慎重な企業に賃金の引き上げを促しています。

企業信用調査会社の帝国データバンクによると、日本企業の約 4 分の 1 がインフレ準備金を提供しているか、提供する計画があるという。 これらは、月額 6,500 円 ($50) から平均 54,000 円の一括払いまでさまざまです。

「2人目の子供ができたときだけお金を受け取った」と、昨年の夏にソフトウェア開発会社Groupwarezu Inc.から150,000円を受け取った森真一郎は、約800人の従業員の1人である.

「その金額に感謝します」と、41 歳のモーリー氏はロイターに語った。 「ベビー用品や光熱費、その他の生活費に費やし、一日中家にいて赤ちゃんの世話をしていました。」

株式会社ファーストリテイリングのニュース (9983.T)衣料品チェーンのユニクロを運営する . 続きを読む

民間部門は、このキャンペーンが生産性の向上に役立つことを期待しており、これは、岸田文夫首相の「新資本主義」イニシアチブである、賃金上昇よりも優先される富の分配に関するイニシアチブに沿ったものです。

日本の政策立案者によるこのような要求は、2000 年代初頭から 2000 年代初頭にかけて企業が基本給の引き上げを一時停止した 15 年間の深刻な景気後退を背景にしています。当時は、一連の景気刺激策が経済成長に拍車をかけることができず、代わりに公的債務が蓄積されていました。

持続可能な有料旅行

OECD のデータによると、1990 年から 30 年間で日本の労働者の賃金は約 5% 上昇し、米国の賃金は 1.5 倍になり、韓国の賃金は 2 倍になりました。

日本銀行の元理事である清隆英氏は、長期的には賃金の上昇を累積することで物価上昇を相殺できるように、長期にわたって継続的に賃上げを行うことを提唱しています。

現在、野村総合研究所のエグゼクティブエコノミストであるキヨチ氏は、「消費者は支出よりも一時払いのために貯蓄する傾向があるため、ボーナスやインフレ手当は、コストプッシュインフレの痛みを和らげる上で限られた効果しか持たないだろう.

政府と中央銀行は、日本銀行が持続可能かつ安定した方法でインフレ目標を達成するための道を開くために、経済の半分以上を占める個人消費を促進するために、インフレは賃金の伸びと並行して成長しなければならないと述べています。

しかし、1回限りの支払いによって消費者が支出の増加に自信を持つようになるわけではありませんが、元に戻すのが難しい給与の構成要素である基本給の上昇は、その自信を高め、労働者の支出を増やす可能性があります.

最新のデータによると、11 月の実質賃金は 2.5% 下落し、前月の 3.8% 下落から 9 か月連続で下落しました。

森氏の雇用主である Zhou Corporation は、従業員に対し、今年 1% から 10% という記録的な昇給を提案しました。

これは、岸田政権の目標である 3% を超えるものであり、日本労働組合総連合会 (連合) が求める 5% をも上回るものであり、日本最大の貿易ロビイストである経団連は、基本給を含む積極的な昇給を提供するよう企業に促した.

同社の最高人事責任者である中ニ由美香氏は、「特にエンジニアの人手不足に対応する必要性を常に感じています。 「給与が労働者を引き付ける鍵の1つであることを十分に認識しているため、給与基準を設定しています。」

11 月の失業率は 2.5% で、これは労働市場の逼迫を反映しており、学生 1 人あたり 1.35 人という安定した雇用の可能性があるにもかかわらず、政策立案者は、賃金上昇を必要とする需要牽引インフレはないと不満を漏らしています。

商談

日本経済研究センター (JERC) が 33 人のエコノミストを対象に行った調査によると、今年の改革交渉では、4 月から始まる会計年度で大企業が過去 26 年間で最大の賃上げ、つまり平均 2.85% の賃上げを提示する可能性が高いことがわかりました。 .

しかし、10 人中 7 人の労働者を雇用している中小企業は悲惨な状況に直面しており、その 70% 以上が賃上げの計画を持っていないことが、十南信用金庫と東京新聞の別の調査で示されました。

中小企業をこの方向に押し進めるために、当局は、労働生産性を向上させ、より多くの労働者が雇用機会を欠いていないという条件で、より成長が見込める産業に切り替えることを奨励したいと考えています。

岸田内閣は今後5年間で1兆円の人材確保を計画しており、企業の中途採用を新たに支援するとともに、人材の入れ替わりを促進するための再教育の取り組みを行っている。

労働者は、今年の労働交渉に大きな期待を寄せており、経済を後押しするためにタイトな労働市場に対処しながら、コストプッシュインフレに対抗することを望んでいます.

主導権を握ろうとする企業もある。

たとえば、インターネット メディア企業 Cyber​​agent の「Reskilling Center」では、200 人の IT エンジニアをトレーニングし、ニーズに合わせてスキルをアップグレードし、海外からエンジニアを呼び込みました。

また、今春から新卒者の初任給を12%引き上げて42万円にする。

同社の技術人材本部長の峯岸博人氏は「IT業界は技術者不足に直面しており、当社の強みである人材育成を通じて雇用危機の解決に貢献できる」と語った。

「その結果、IT 業界全体で賃金を引き上げ、生産性を高めることができます。」

(1ドル=129.9700円)

梶本哲志によるリポート。 クラレンス・フェルナンデスによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  大規模に水から抽出された水素