Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本特使の間でテクノロジーとインフラについて語る講演者

日本特使の間でテクノロジーとインフラについて語る講演者

_______________

アニタ・ベン国会議長は火曜日、新任の駐ウガンダ日本大使・笹山拓也氏と会談し、特に技術とインフラに焦点を当てた二国間協力を深める方法など、いくつかの問題について話し合った。

彼女は、62年近くにわたって継続してきた日中の開発協力を賞賛し、目に見える利益と生計の向上を達成したと述べた。

「日本人間の友情とパートナーシップは、壮大なナイル橋や他の多くの道路プロジェクトなど、我が国のインフラ開発を支援するプロジェクトに明らかです」と彼女は述べた。

アニタ・オング国会議長は、新任の駐ウガンダ日本大使であるサヤマ・トコヤ閣下を国会に歓迎しました。 写真撮影:マリア・ワマラ

「今後数年間で、私たちはこれらの分野での相互協力を強化し、貿易、技術交換、教育において相互に支援し、若者のスキルを磨き、競争力のある将来に向けて準備していきたいと考えています。」と彼女は付け加えた。

最近の動議の中で、議会はウガンダの保健、教育、インフラ支援に対する国際協力機構(JICA)の貢献を称賛した。

笹山大使は、二国間協力をさらに深め、日本の国会上下院とウガンダ国会を結びつけることを約束した。

同氏は「議会が前任者に示した友情と、国際協力事業団を承認する提案に感謝する」と述べた。

笹山大使は、日本とウガンダの協力はこれまでの難民支援、インフラ、農業、教育に重点を置き、テクノロジーと若者のスキルに重点を置いたものとなると述べた。

アニタ・オング国会議長は火曜日、新任の駐ウガンダ日本大使・笹山拓也氏と会談し、特に技術とインフラに焦点を当てた二国間協力を深める方法についていくつかの問題について話し合った。 写真撮影:マリア・ワマラ

アニタ・オング国会議長は火曜日、新任の駐ウガンダ日本大使・笹山拓也氏と会談し、特に技術とインフラに焦点を当てた二国間協力を深める方法についていくつかの問題について話し合った。 写真撮影:マリア・ワマラ

「私たちはウガンダが歴史的にも将来的にもこの地域の拠点であることを認識しており、政府は将来の世代への投資を望んでいます。 [youth]、” 彼は言った。

日本に関心を寄せている人の中には、修復工事のためここ数日閉鎖された老朽化した軽馬橋の再建も含まれる。

「ナイル橋で得た協力をさらに発展させ、同様に包括的な修復が予定されている軽馬橋など、他の主要なインフラプロジェクトでも協力できることを楽しみにしています」と彼女は述べた。

両首脳は発展に向けて両国の二国間関係を強化することで合意した。

READ  エルデンリングのコミュニティは、壁の新しい偽の啓示にショックを受けています