Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本省、3地域の経済見通しを下方修正 – ARAB NEWS

日本省、3地域の経済見通しを下方修正 – ARAB NEWS

東京:日本の財務省は月曜日、記録的なインフレ、中国経済の減速、最近発生した大地震の影響による生産回復の鈍化を反映して、国内11地域のうち3地域の経済評価を引き下げた。

同省は最新の四半期報告書で、東関東地域と中部北陸・東海地域の見方を引き下げた。 残りの 8 地域の評価は据え置かれました。

同省は地方財務局長会議後に四半期評価を発表した。

日本経済全体については、一部に弱さがみられるとしつつ、同省は「緩やかに回復しつつある」との見方を据え置いた。 今後のリスクとしては、海外経済の低迷、インフレ、中東情勢、金融資本市場の変動、1月1日に発生した北陸地方能登半島地震の影響などが挙げられます。

北陸財務事務所は「震災の影響は続いているものの、復興・創生需要や北陸新幹線延伸効果などにより、(北陸経済は)徐々に回復しつつある」としている。 同庁は前回1月の報告書で「地震が地域に与えた影響全体を適切に把握する必要がある」として、地域の評価を据え置いた。

総合評価の重要な要素である生産活動の見方は、日本最北端の北海道、関東、北陸、東海、近畿、中国以西の地域、福岡県を中心とする南西部の地域で下方修正された。 この削減は、この国の基礎的な自動車産業の弱さを反映している。

新車販売の減少により、関東や北陸の個人消費の判断が引き下げられた。

一方、北海道、中国、最南端の沖縄県では、賃上げなど労働条件の改善により、労働条件に対する見方が高まっている。 残りの8地域の格付けは「回復」または「改善」の水準にとどまった。

ジジプレス

READ  朝食ブリーフィング:FRBは金利を高水準に維持するために2024年を設定