Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本県。 店舗は食品部門の活動と抗ウイルス活動のバランスを取るのに苦労しています



日本政府のコロナウイルス対策小委員会の尾身茂委員長は、2021年8月12日に東京都千田区で行われた記者会見で講演しました。 (毎日/美山敏樹

東京発-日本のデパートは、これまでで最悪のコロナウイルス感染の中でオーボエの休暇に入ると、食品部門の活動と抗コロナウイルスの活動のバランスを取るのに苦労しています。

日本政府の反コロナ行動小委員会の尾身茂委員長は、8月12日の記者会見で強調した。 近江さんは「スーパーやその店の地下の人の移動を強く抑えてほしい」と話した。

流行により百貨店の顧客数は減少傾向にあり、危機の際には地下の食料品店が大きな魅力となっています。 オペレーターはこれらのフロアのアップグレードを競いましたが、多数の人々を団結させると感染が拡大しやすくなるため、ジレンマに直面しました。

7月26日から8月8日まで、大阪の阪神百貨店ウムダ本店で、地下室と1階の食品部門で働く145人の従業員がウイルス陽性を示した。 東京・伊勢丹新宿店では、8月12日までの1週間で53名の従業員が感染を確認し、そのうち20名が地下の食品部門で働いていた。 百貨店の顧客数は、休業日中にさらに増えることが予想されるため、事業者は送信防止対策の強化を急いでいます。

阪急百貨店の親会社であるエイチ・ツー・リテール・コーポレーションは、梅田本店の地下室で、8月13日から食品分野への参入制限を開始した。 なる。 14日から東武百貨店が入口に社員を配置。 そのダイニングフロア、そして群衆が予想されるときに立ち入りを制限します。 Soko&Sibu Co.、Timeru Matsusakaya Department Stores、TakashimayaCo。などの他の百貨店運営者も同様の措置を講じたいと考えています。

(日本オリジナル松山イアン、ビジネスニュース部)

READ  日本では、適時ワクチン接種が不確実な囚人