Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本研究株式会社、三菱が米国の高速炉に協力する

日本原子力研究開発機構と三菱重工業は、高速炉開発プロジェクトの技術支援を行うために、間もなく米国企業との覚書に署名する予定であると、関係筋は土曜日に述べた。

福井県の門郷高速炉や伊原崎県の城陽実験用高速炉など、ナトリウム冷却高速炉の運転実績を持つエージェンシーは、テラパワーへの運転データや設計の提供を検討している。 Microsoftの共同創設者であるBillGates。Corpによって共同設立されました。

この写真の図では、TerraPowerのロゴがスマートフォンと背景に表示されています。 (SOPA画像/ LightRocket /ゲッティ/共同通信)

TerraPowerは、2024年からワイオミング州で冷却材としてナトリウムを使用する345,000キロワットの高速炉を建設する予定です。米国エネルギー省は、2028年に完了する予定のプロジェクトに資金を提供しています。

協力の詳細についてはまだ検討中ですが、茨城県のアテナナトリウム実験施設を利用して安全技術の開発を検討しているとのことです。

日本は、使用済み核燃料から抽出されたプルトニウムを発電所で再利用するという核燃料リサイクル政策を推進しており、その計画では高速原子炉が主要な役割を果たしています。

しかし、消費するよりも多くのプルトニウムを生成する高速炉であるはずだったモンゴ原子炉が廃止された後、国内開発は行き詰まり、資源の乏しい日本は海外協力の機会を模索するようになりました。

高速増殖炉開発プロジェクトの第一段階として建設されたJoyo実験用高速炉は現在保留中です。

READ  EUとの契約により、iPhoneは2024年までにUSB-C充電器を使用するようになります| スマートフォン