Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本経済は「変曲点」に達している:フィッチ関係者

日本経済は「変曲点」に達している:フィッチ関係者

経済


ニューヨーク、4月2日(時事通信) – フィッチ・レーティングスのソブリン格付け責任者ジェームズ・マコーマック氏は時事通信に対し、日本経済は賃金上昇と安定したインフレの好循環につながる「変曲点」に達した可能性があるとリポートで語った。 最後のインタビュー。

マコーマック氏は「日本はインフレ力学やインフレ期待が変化する、いわゆる変曲点に達している可能性が非常に高い」と述べた。

同氏は、日銀が来年末までに短期金利を0.25%に引き上げる見通しで、その引き上げは「非常にゆっくりかつ非常に段階的」になると予想していると付け加えた。

日銀は先月、マイナス金利政策を終了し、短期金利をゼロから0.1%に引き上げ、17年ぶりの利上げとなった。

マコーマック氏は「賃金の伸びは将来の消費を支え、経済成長を支えなければならない」と述べた。 同氏は、金利上昇について触れ、家計と企業のバランスシートは「かなり堅調で変化を吸収できるようだ」と付け加えた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ジジプレス

READ  日本の大手企業、4~12月期は増益