Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本経済は完全回復しており、日銀の利上げ期待は維持されている

日本経済は完全回復しており、日銀の利上げ期待は維持されている

東京:日本の経済生産は10-12月期に約4年ぶりにフル稼働に回復し、中央銀行が再び利上げできる可能性がある明るい兆しとなった。

日銀が水曜日に推計したところによると、経済の実際の生産高と潜在的な生産高の差を示す日本の需給ギャップは、昨年第4四半期には+0.02%となった。

これは、第 3 四半期の -0.37% という 15 四半期ぶりのプラスの数値に続くものでした。

需給ギャップは、需要主導のインフレを押し上げるほど経済が力強く拡大しているかどうかを判断するために、日本銀行が注意深く監視しているデータの一つである。

プラスの需給ギャップは、実際の生産が経済の最大能力を超えたときに発生し、強い需要の兆候と考えられます。 アナリストらは、これが賃金をさらに引き上げ、インフレを日銀の目標2%付近で持続的に押し上げるための数少ない前提条件の1つだとみている。

日本銀行は先月、8年間にわたるマイナス金利とその非伝統的政策のその他の名残を終了し、デフレを抑制し、数十年にわたる大規模な金融刺激策を通じて成長を取り戻すという焦点からの歴史的な転換を示した。

市場は中銀がどの程度再利上げできるかについて手がかりを求めている。

日銀がさらなる利上げを鈍化するとの期待から、円は1ドル=152円近くまで下落しており、市場では日本当局が円買い介入に踏み切る可能性が高まるとみられている。

続きを読む:

日銀がマイナス金利を終了、急進政策の時代に別れを告げる

円高によりムシアへの資本流入が増加=専門家ら

READ  湾岸地域で黒いスイカを見つける場所はここにあります