Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本経済は消費者の解放により第2四半期に回復する可能性が高い:ロイターの世論調査

小宮勘太郎

東京(ロイター)-ロイターの世論調査によると、日本経済は4月と6月に前四半期の縮小から回復した可能性が高い.

しかし、今四半期については、アナリストは、世界経済の減速の可能性や日本でのCOVID-19症例の再燃など、リスクの増大を懸念しています。

17人のエコノミストの予測の中央値によると、世界第3位の経済は4月から6月にかけて2.5%の年率で成長し、第1四半期の0.5%の縮小から回復した可能性が高い.

調査によると、第 2 四半期の拡大は、日本の国内総生産の半分以上を占める個人消費が 1.3% 増加すると予想されていることが主な要因でした。

調査によると、設備投資は 0.9% 増加する可能性が高く、外需が GDP 成長率に 0.1% ポイント追加したことも示されています。

みずほリサーチ・アンド・テクノロジーズのチーフエコノミスト、サカイ・サカイ氏は、3月にCOVID-19の制限が解除されてからの消費の回復が、4月と6月の成長を後押ししたと述べ、昨年から延期された企業による強力な投資も指摘した.

これらすべてが、中国での操業停止による日本の生産への悪影響を相殺した、と酒井氏は述べた。

しかし、彼は、「日本の回復のペースは、7 月と 9 月に遅くなるだろう。なぜなら、家計は、大流行 (新型コロナウイルス) の中で不安を感じる可能性があり、また、物価の上昇や世界経済の減速などの他のマイナスのリスク要因もあるからである。 .”

別のデータによると、6 月の日本の経常収支は、輸入の急増により、1 月以来初めて赤字を記録したことが示される可能性があります。 中央値の見積もりでは、7,038 億円 (52.9 億ドル) の不足が指摘されています。

調査によると、7月の卸売価格は前年比で8.4%上昇すると予想され、上昇ペースは3か月連続で鈍化した。 4 月の卸売物価インフレ率は過去最高の 9.9% に達しました。

政府は、8 月 15 日の午前 8 時 50 分 (2350 GMT、8 月 14 日) に 4 月から 6 月の GDP 速報データと、8 月 8 日の午前 8 時 50 分 (2350 GMT、8 月 7 日) に経常収支データを発表します。

日本銀行は、8 月 10 日午前 8 時 50 分 (2350 GMT、8 月 9 日) に卸売価格データを発表します。

(ドル=133.1500円)

(取材:久米勘太郎、編集:ブラッドリー・ペレット)

READ  サッソユカのゴルフツアー:全米オープンで優勝してフィリピンから日本へ