Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本経済は第 3 四半期に予想をはるかに上回って縮小した

日本経済は第 3 四半期に予想をはるかに上回って縮小した

夕暮れ時の富士山と東京のスカイラインの眺め。

ヨンユアン | イープラス | ゲッティイメージズ

日本経済は7月から9月にかけて、四半期として2年間で最も速いペースで縮小した。 政府の一時的なデータ 水曜日のデータによると、国内インフレの上昇が消費需要を圧迫し、需要の減少で輸出の苦境がさらに悪化した。

この2度の減少は日本にとって4四半期ぶりであり、2020年初頭に新型コロナウイルス感染症のパンデミックが始まって以来、景気拡大期と縮小期が交互に繰り返されてきた不安定な傾向の一部となっている。 最新の成長データは、岸田文雄首相と上田和夫日銀総裁が今後数カ月間に直面するであろう政治的課題を浮き彫りにした。

暫定GDPは4─6月期に4.8%拡大した後、第3・四半期は前年比2.1%減となった。 これは2021年第3・四半期以来最大のマイナス幅で、ロイター調査で予想されていた0.6%減よりも大きなマイナス幅となった。 第3・四半期のGDPデフレーターは年率5.1%だった。

世界第3位の経済大国も、第1・四半期比で第2・四半期に1.2%拡大した後、第3・四半期は前四半期比0.5%縮小した。 これも予想の0.1%縮小を上回った。

キャピタル・エコノミクスのマルセル・ティリアン氏は「経済活動を最も阻害したのは株式建設で、前四半期の国内総生産(GDP)成長率は0.3%ポイント差し引かれた」と述べ、「しかし、民間企業の経済成長が同時に広範囲に及んだことは注目に値する」と述べた。要求。” アジア太平洋地域担当責任者。

同じ政府発表によると、GDPの低迷は国内設備投資が予想を下回ったことも一因で、第3四半期は第2四半期比0.6%減少したが、予想の0.3%拡大に反して減少した。

第 3 四半期の日本の個人消費は、内需と外需が経済を圧迫したため、前四半期と比べて横ばいでした。

「家計の実質所得は少なくとも来年半ばまで減少するため、これは個人消費にとって良い前兆ではなく、来年には停滞すると予想される」とティリアント氏は付け加えた。

水曜日午前中の取引で日本円は1ドル=150.6円付近で推移し、1年ぶりの安値からは遠ざかったが、30年以上ぶりの安値付近にとどまった。

上田氏は超金融緩和政策の実現可能性を検討しており、日本経済の脆弱性は中央銀行が直面する複雑さを浮き彫りにしている。

これはまた、生活費の上昇を抑制することを目的とした日本政府の13.2兆円(870億ドル)の経済対策の正当性を強化するものである。 高額な光熱費と光熱費を軽減するための低所得世帯への支援と支払いが含まれる予定だ。

READ  韓国株安、日本景況感改善