Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本経済は縮小しているが、以前考えられていたよりも低い速度で

日本政府は水曜日に、日本経済は第1四半期に縮小したが、以前の予想よりも遅いペースであったと述べた。

内閣府のデータによると、世界第3位の経済大国は年率0.5%で縮小しました。 これは、5月に発表された日本の実質国内総生産(国内総生産)の暫定推定では1.0%未満の縮小でした。

年率は、四半期率が1年間維持されていた場合、経済がどのように成長したかを示しています。 日本経済は前四半期から1月から3月にかけて0.1%縮小し、予備データの0.2%q/q縮小よりも良好でした。

個人消費やその他の民間需要は、これまで考えられていたよりも強かった。

アナリストにとって、上方修正は嬉しい驚きでした。

今後、第2四半期のGDPは、主に個人消費の改善により回復すると予想されますが、商品インフレ率の上昇により、実質的には利益が制限される可能性があります。 。

COVID-19感染を抑制するために課せられた制限を解除する一方で、国が観光客に再開することも期待されており、成長を後押しするはずです。

マイナス面としては、石油の大部分と食品やさまざまな製品の多くを輸入している日本は、ウクライナでの戦争の影響もあり、エネルギーやその他の商品価格の上昇について強く批判されています。

日本は何年もの間、デフレや低価格をスパイラルで食い止めてきました。 低賃金の伸び、高齢化、人口の減少は、経済活動を遅らせ、企業への投資を思いとどまらせてきました。

黒田東彦日銀総裁は火曜日、日本人の間での「価格許容度」についての最近の言及について謝罪し、コメントは値上げを歓迎すると解釈された。 黒田氏は議会で尋問を受け、議員たちに自分のコメントは不適切だと語った。

黒田氏は、ほぼゼロのインフレ率を約2%に引き上げることを目指す政策を提唱しましたが、石油やその他の商品の世界的な価格がここ数カ月で上昇するまで、進展は遅かったです。

一部のアナリストは、日本はイノベーションを育み、古い官僚機構が追い越された新しい成長の源を解放するのに十分なことをしなかったため、徐々に競争力を失ったと言います。

円安が懸念されるのは、現在20年ぶりの安値である1ドル133円前後で取引されていることです。

通貨安は日本の輸出業者にとって恩恵であり、海外の利益価値を押し上げるが、アナリストは、円安は経済の弱さも反映していると述べている。 金利がゼロに近い日本に比べて米国などの金利が高いため、しばらくは円安が続く可能性が高い。

岸田文雄首相は、彼が「新資本主義」と呼ぶものを推し進めている。 彼は今週、デジタル化、国防費、新興企業、持続可能なエネルギーを推進することで成長を促進することを目標に、戦略の概要を発表しました。 彼はまた、英語で「岸田に投資する」と宣言し、投資を呼びかけた。

日本で最も長く勤めているリーダーである安倍晋三元首相は、アベノミクスに、インフレを引き起こし、成長を後押しすることを目的とした超簡単な融資に焦点を当てるよう促しました。 一部の批評家は、アベノミクスは力強い経済を構築できず、その欠点が円安の理由の一部であると述べています。

___

Twitterの影山ゆりhttps://twitter.com/yurikageyama

READ  BinanceはADGMから暗号資産サービスプロバイダーとして最初の承認を受けます