Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本経済ウォッチャーの士気は3ヶ月ぶりに上昇

金曜日の政府調査によると、日本のいわゆる経済ウォッチャー、つまり経済変動に敏感な業界で働く人々の感情は、3月の3か月ぶりに改善した。

3月21日の政府のCOVID-19以前の緊急措置の全面的な解除を反映して、現在の経済状況に対する経済監視者の感情の季節調整済み指数は、前月から10.1ポイント上昇して47.8になりました。

3月25日〜31日の調査に基づき、内閣府はベースライン評価を改訂し、回復の兆しを示しています。 2月の調査で、彼は経済の回復にいくらかの弱点があることを指摘した。

3月の現在のセンチメント指数は、家計活動で13.1ポイント、営業活動で7.4ポイント、企業活動で2.4ポイント改善しました。

調査の対象となったすべての分野で指標が改善しました。 北海道は16.8ポイントの改善で最高のパフォーマーでした。

経済ウォッチャーの経済に対する期待指数は、2〜3か月前に5.7ポイント上昇しました。 しかし、ロシアのウクライナ侵攻によって悪化したエネルギー価格の高騰に対する懸念が高まっています。

最近の調査によると、中部日本のスーパーマーケットの従業員は、「電気やガソリンなどの一連の値上げの後、消費者はより予算を意識するようになるだろう」と述べた。

この感情を支持する政府の調査によると、日本の消費者信頼感は3月に3か月連続で低下し、ウクライナの戦争によって悪化した値上げによって圧迫されました。

内閣府によると、季節調整済みの消費者信頼指数は前月比2.4ポイント低下して32.8となり、2014年4月に始まった現在の調査形式では4番目に大きな低下となった。

政府機関は、消費者信頼感に弱さが見られると述べ、3ヶ月連続で評価を下方修正した。 前月、代理店は弱さの兆候に気づきました。

「ウクライナ危機による不透明感が高まる中、日用品の価格が上昇し続けているため、センチメントは低下している」と高官は述べた。

この指標は、2人以上の世帯を対象とし、一般的な生計、所得の伸び、雇用、耐久消費財の購入意欲の指標に基づいて、今後6か月間の消費者心理を測定します。 3月8日から22日に実施された最新の調査では、4つの指標すべてが低下しました。

1年以内に物価が上昇すると見込んでいる世帯の割合は1.1ポイント上昇して92.8%となり、2ヶ月連続で最高水準を更新した。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  英国は来年、太平洋貿易グループの会談を終了することを目指している、と報告書は述べた