Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本経済:投資家は岸田氏の新たな資本主義原則からインスピレーションを受ける

日本経済:投資家は岸田氏の新たな資本主義原則からインスピレーションを受ける

経験豊富な投資家は、日本経済が構造的変革を迎えていると確信している。 彼らは、多くの企業が以前よりも効率的に運営されていると報告しました。

この楽観的な見方は、今年好成績を収めた日本株式市場によってさらに強化されている。 日経平均株価とTOPIX指数の両方で大幅な上昇を達成した。 これらは東京の上場企業の価値を追跡する 2 つの指数です。

最先端のテクノロジーを採用する企業に特に関心が集まっていることに気づきました。 これらの企業は、グリーンエネルギーへの移行や日本の高齢者のニーズなどの課題に取り組んでいます。

最近の興味深い例を Web サイトで見つけました。 GMOのインターネット、渋谷の高層ビルの上で経営されている会社。

10月にGMOが発表した。 がんの専門家と協力して、 東京大学の中西誠教授は、生成人工知能を使用して人間の老化細胞の研究を行うプロジェクトの一環として取り組んでいます。

GMOインターネットグループ(画像は同社Webサイトより)

国際的なサポート

GMOインターネットには、英国に本拠を置く投資管理会社ベイリー・ギフォードなど、複数の国際的な支援者がいる。

日本株の責任者ドナルド・ファークハーソン氏は、フィナンシャル・タイムズ紙と日経新聞社が共催した投資カンファレンスで講演し、楽観的な印象を与えた。 というタイトルでした 日本株の回復:今回は違うのか?

広告

ファーカーソン氏は、日本の高齢化が大半の投資家にとって「逆風」となっていると認めた。 言い換えれば、それは懸念です。 しかし、彼の見解では、人口動態の変化は企業活動にプラスの影響を与える可能性もあります。

「労働力が限られているときこそ、イノベーションが促進されます。日本がファクトリーオートメーションなどの分野で世界のリーダーであるのは偶然ではありません。日本は長年にわたり、製造部門における労働力の減少に適応してきました。そして今、私たちはそれを実現し始めています。」ファークハーソン氏はイベントでこう語った。「この種のイノベーションはサービスにも取り入れられています。 これにより、合併と買収への意欲が刺激されます。」

同氏は同社の現在の雰囲気を「非常にダイナミック」だと表現した。 現在、日本の多くの組織は、労働力を組織する方法について、前の世代で確立された慣習とは著しく異なる見解を持つマネージャーによって率いられています。

日本の岸田文雄首相は9月21日、ニューヨークのエコノミッククラブで講演。 (©内閣広報室)

岸田新資本主義

会議でのスピーチや議論を聞きながら、私は日本の現在の指導者である岸田文雄首相の独特の政策について考えました。 彼はしばしば、彼が「新しい形の資本主義」と呼ぶものの重要性を強調しています。

この「新しい資本主義」には、社会的課題が成長の原動力となり得るという理論が含まれている。

2022年5月にロンドンで行った演説の中で、 首相は、政府が困難な地域で新たな市場を創出し、民間投資を呼び込み、官民の協力を強化するために「ポンプを呼び水」すると約束した。 力強い成長を促進しながら社会問題に対処することで、日本は「一石二鳥」に対処できるだろうと同氏は述べた。

経済財政諮問会議に出席する民間議員(左)と岸田首相(右端)=9月26日、首相官邸で。 (©共同通信)。

改革への挑戦

岡村圭は、投資管理会社ニューバーガー・バーマンのシニアバイスプレジデント兼ポートフォリオマネージャーです。 同氏はフィナンシャル・タイムズ紙の会見で、厳格な規則や規制により労働市場改革が課題となっていると述べた。

「日本は米国や欧州とは異なりますが、人口動態の変化に伴い、多くの企業内で構造的な変化が見られており、一部の企業はこうした変化の結果、投資家にとってますます魅力的になっています」と岡村氏は述べた。

会見では現在の大槻ナナさんのお話も伺いました 規制改革推進会議会長代理。 彼女は、日本を活性化し、「消費者と人々を中心とした経済社会システムの構築」を目指す委員会を率いています。

広告

大月教授は聴衆にこう語った。

「社会の高齢化はすでに日本が直面している最も深刻な問題であり、短期的に変えるのは非常に難しい問題だと思います。しかし、私たちは適応を強いられるかもしれません。私はここ数年、政府の構造改革推進を主導してきました。」ですから、大臣たちが、例えばITシステムを改善することで効率を高める必要性を認識していることは承知しています。同じ原則が、高齢の従業員に直面している企業内にも当てはまります。私たちは国家として協力する必要があります。変化のペースは遅いかもしれませんが、私は我々は良いスタートを切れたと思う」

おそらく、この会議(英語で開催された)の最も重要な側面は、社会的課題に対処する日本の取り組みが国際的に大きな注目を集めているということだろう。 投資家の観点からは、イノベーションと改革への取り組みを示す企業が広く支持されています。

関連している:

著者: ダンカン・バートレット、外交特派員

バートレット氏は、JAPAN Forwardの外交特派員であり、SOAS中国研究所の研究員でもあります。 彼に本を読んであげて ジャパンフォワードに関する記事・記事

READ  海外投資と再生可能エネルギーを促進する日本の中部電力