Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本総領事、二国間貿易促進のための相互訪問を提案

日本総領事、二国間貿易促進のための相互訪問を提案

在チェンナイ日本国総領事館の多賀正幸総領事は、相互訪問を通じて人的交流を促進することで、コインバトールを二国間の貿易と投資の全体像に組み込むことの範囲について前向きに語った。

総領事は、コインバトールのインド商工会議所が主催するプログラムで起業家と交流し、日本が昨年発表した5年間の5兆円のうち3つは民間部門への投資であると述べました。 .

彼は、「日本の二国間貿易とコインバトールへの投資」のトピックについて話している間、日本の投資は過去20年間で増加したが、インドとの二国間貿易は期待されたレベルに達していないと述べた.

しかし、南インドに進出した日本の製造業は、現地での原材料の購入を通じて、インド経済にプラスの影響を与えました。 総領事は、二国間貿易は人と人との接触を通じて一定期間にわたって行われたと述べ、参加者からの提案を考慮して、インドと日本の商工会議所間の交流を組織することを約束しました。

「ビザは問題ありません。複数のビザでも発行できます」と、インドからの潜在的な観光客を大歓迎しました。

昨年、インドを訪れたインド人は1500人、日本人は2人だった。 対照的に、中国から日本への訪問者は600万人、中国を訪れる日本人観光客は300万人だと彼は言った。

コインバトールと東京間の直行便サービスの提案も総領事館に提出されました。 多賀正行氏は、バンコクやシンガポールでの乗り継ぎは問題ではなく、支出、言語、食事の問題についての懸念を和らげることを東京への潜在的な訪問者に安心させようとしました。 東京が物価の高い都市だというのは誤解でした。 日本の都市では英語も普通に話され、駅にはインド料理店がありました。 牛乳、パン、果物も小さな店で簡単に手に入れることができました。

総領事は、日本語の知識は、インドからの潜在的な移民が熟練した仕事に就くためにすでに必要であると述べました.

日本からの投資を招き、商工会議所の B. Sriramulu 議長は、戦略的に位置するコインバトールは豊富な機会と多様な経済の土地であり、エンジニアリングと製造業の大規模な基盤、優れた教育センター、世界クラスの医療インフラ、友好的な国であると述べました。新たに開発された IT 分野の「シリコン バレー」と、鉄道、道路、航空による優れた接続性があります。

これが最後の無料記事です。

READ  香港仲裁:弁護士と事務所はノーと言う