Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本航空のZipAirが、パンパシフィック航空の格安航空会社の最初のルートを飛行

東京(ロイター)-日本航空の格安航空会社(LCC)のジップエアが東京とロサンゼルスを結ぶ新しいルートを開設し、アジアと北を結ぶパンパシフィックルートを飛行する最初のLCCとなるアメリカ。

Zip Airは金曜日の声明で、ルートは12月25日に開通し、週に3回飛行する可能性が高いと述べた。

「コロナウイルスの発生は航空業界では非常に困難でしたが、幸いにもそれを乗り越えました。最初の商用飛行から2年後、私たちは最大の夢の1つである日米を結ぶ道を開くことに成功しました。」ZipAir西田真子首相は金曜日に記者会見で語った。

航空機は固定シートの北で27,500円($ 240.72)で、フルチルトシートは88,000円($ 770.31)で販売されます。 同社は、フルサービスキャリアの半分の価格で座席の価格を設定することを目指しています。

日本航空は以前、COVID-19の流行に続いて国境が開かれたため、低コストの運用を改善する計画について話していました。

日本は最近、ビジネス旅行者と学生の旅行制限を緩和し、米国は今週、33カ国からのワクチン接種を受けた旅行者の国境を再開しました。

同国では、開業時にZip Airの予約数が増加し、11月の第1週の予約数は9月に比べて6倍に増加するとしている。

(1ドル= 114.2400円)

(村上さくらによる報告、クリストファー・クッシングによる編集)

READ  ソフトバンクグループ、2021年日本最大の社債価格を発表