Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本航空は、カーボンニュートラルが近づくにつれ、より環境に優しい燃料への切り替えを目指しています



日本航空の旅客機は、2021年2月4日、東京の羽田空港で、地元で生産されたバイオ燃料を使用した最初の商用飛行の前に見られます。 (毎日/丸山宏)

東京(京都)-電動化への切り替えは、自動車メーカーが世界的な脱炭素化のトレンドに乗るための1つの解決策かもしれませんが、航空会社にとっては、より環境に優しい燃料が注目を集めています。

日本は2050年までにカーボンニュートラルを達成することを約束して少数の国に加わったが、商用航空用に廃食用油などの材料からのバイオ燃料を使用する企業が増えているため、依然として欧米に遅れをとっている。 水素は、航空の代替供給源としても見られています。

大手航空機メーカーのエアバスSASは、2035年までにサービスを開始することを望んでいる水素を動力源とするゼロエミッションジェットのコンセプトを発表しました。

川崎重工業も明かした。 日本は、水素エンジンと液体水素燃料タンクのコア技術をリードすることを目標に、水素航空機事業に参入する計画を発表しました。

6月下旬、本田技研工業が開発したプライベートビジネスジェットが、日本の南西部の鹿児島県から東京の羽田空港に飛んだ。これは、藻類の一種であるユーグレナから生産されたバイオ燃料を使用した最初の飛行である。

日本の燃料供給業者であるユーグレナによれば、飛行に使用されたバイオ燃料の約10パーセントはユーグレナからのものであり、残りは廃油からのものでした。

同社の長田明彦副社長は記者会見で、「海外にはすでに重要な航空機の大手メーカーが存在するため、日本はすでに数年遅れている」と述べた。

二酸化炭素、または二酸化炭素は、バイオ燃料が燃焼されるときに生成されます。 ミドリムシは、バイオ燃料源である石油を生産し、光合成によって成長すると二酸化炭素を取り込むことが知られています。

コロナウイルスの大流行以前は、運輸部門が日本の総二酸化炭素排出量の約18パーセントを占めていました。 政府のデータによると、輸送の種類別では、航空会社が約5%を占め、ほとんどが自動車、トラック、バスでした。

日本の主要航空会社は、今後数年間で化石ジェット燃料への依存を減らし、バイオ燃料などのいわゆる「持続可能な航空燃料」への切り替えを目指しています。

日本の運輸省のデータによると、航空機が従来のジェット燃料と持続可能な航空燃料の混合物で動力を供給されている場合、飛行中の二酸化炭素排出量を約20〜30パーセント削減できます。 混合限界は、持続可能な航空燃料の使用のために設定されています。

日本の主要航空会社である日本航空と全日本空輸は、日本企業IHIが微細藻類から生産したバイオ燃料を使用しています。 彼らが持続可能な航空燃料の使用を増やすことを目指している国内の商用飛行のために。

航空専門家は、そのような航空バイオ燃料の使用を増やすことにはまだハードルがあると言います。 それらの供給は限られており、購入コストは従来の化石ジェット燃料と比較して高くなっています。

日本のメーカーが現在2030年頃を目指しているため、国産の持続可能な航空燃料が商業的に利用可能になるまでにはさらに時間がかかるでしょう。

現在、ユーグレナバイオジェット燃料の価格は1リットルあたり約10,000円($ 90)です。

2024年に完成予定のユーグレナ工場をインドネシアに建設し、生産能力の増強を目指す。

2025年までに生産量を年間25万キロリットルに増やし、価格を1リットルあたり200円以下に下げることを目指しており、ネステなどの外国企業との競争が可能になる。

「追いついて、手頃な価格で製品を提供できるようになる」と永田氏は語った。

READ  インドネシアが封鎖に入るときのGoTo「十分に統合された」:大統領