Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本製鉄は、日本の大手銀行3行がUSスチール買収に160億ドルを融資する計画だと発表した。

ギャラリーでこの画像を開きます。

2023年12月19日、東京の日本製鉄本社ビル。野木和弘/ゲッティイメージズ

三井住友フィナンシャルグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループは、新日鉄によるUSスチール買収計画に対して合わせて160億ドルを融資する計画であると日本の鉄鋼メーカーが火曜日に発表した。

新日鉄の広報担当者は「買収完了を条件に、日本の大手銀行3行から160億ドル相当のシンジケートローンの確約書を受け取った」と述べた。

世界第4位の鉄鋼メーカーによる149億ドル相当の米国のライバル企業買収合意は、一部の民主・共和党議員や有力な全米鉄鋼労働組合からの批判を引き起こした。

ホワイトハウスはまた、政府が国家安全保障にとって重要と考えている米国の鉄鋼生産における同社の役割を考慮し、この取引を「真剣に精査する」と約束した。

関係筋によると、融資総額のうち、三井住友は65億ドル、三菱UFJは55億ドル、みずほは40億ドルの融資を計画している。

ブルームバーグは火曜日初め、融資は1年以内に返済され、新日鉄は買収完了後に資金調達のために新たな社債と株式を発行する予定であると報じた。

新日鉄は新社債や新株発行の可能性についてコメントを控えた。

3行は個別の取引についてはコメントしないとしている。

READ  ダイキアクシスジャパンは、インドに3番目の水処理ユニットを設置する予定です。