Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本製鉄はUSスチールの本社をピッツバーグに移転すると約束した

日本製鉄はUSスチールの本社をピッツバーグに移転すると約束した

ある幹部は、買収が成立すれば、日本製鉄は米国本社を買収対象のユナイテッド・スティールの本拠地であるピッツバーグに移転すると述べ、買収を確保するという日本の鉄鋼メーカーの誓約をさらに強化した。

新日鉄による150億ドル規模のUSスチール買収案は米国で厳しい批判を集めており、ジョー・バイデン大統領は先週、資産を国内所有のままにすべきだと述べたが、11月の大統領選挙でライバルのドナルド・トランプ氏は買収が復活すれば買収を阻止すると約束した。選挙。

世界第4位の鉄鋼メーカーである日本企業は、これまでのところ協定に反対しており、来る11月の選挙でバイデン氏とトランプ氏の主要な労働組合である全米鉄鋼労働組合(USW)と協議を行っている。

「当社は新日鉄の本社をピッツバーグに維持するだけでなく、他の入札者はそれができないが、新日鉄の既存の本社も移転する計画だ」と新日鉄の首席交渉人である森隆宏執行副社長は語った。米国ではヒューストンからピッツバーグまで。 取引内容を引用します。

モーリー氏は、一夜にして米国証券取引委員会に提出したUSスチールの文書で発表されたコメントの中で、同社はUSWとの関わりを維持しており、雇用の安定や投資などに関して多くの具体的な約束を提供していると述べた。

森氏は、新日鉄はUSスチールとUSWの間で現在締結されているすべての合意を尊重し、人員削減、施設の閉鎖、生産の海外移転は行わないと繰り返した。

READ  日本は出張の国境制限を緩和する可能性が高い:レポート