Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本軍ヘリ墜落後、海上から2体回収

日本軍ヘリ墜落後、海上から2体回収

日本軍は、11 日前に南日本の島から墜落した後、海中に沈んだ軍用ヘリコプターから 10 人の乗組員の 2 つの遺体を回収しました。

月曜日、日本の陸上自衛隊は、残骸と 3 人の乗組員が発見された深さ 100 メートル (330 フィート) の海底から専門のダイバーによって救助された 2 人の男性乗組員の死亡を確認しました。 墜落時に乗船していた他の5人の乗組員は、まだ行方不明です。

UH-60JA ブラックホークヘリコプターは、日本の南の島々での偵察任務のために宮古島の軍事基地から離陸した直後に4月6日に行方不明になりました.

岸田文夫首相は月曜日、月曜日の死に対して深い悲しみを表明し、残りの乗組員の救助を約束した. 私たちが事故の原因を特定するために取り組んでいる間、彼らの家族はできるだけ早く.

当局は、墜落の原因を特定するために飛行機を上昇させる方法を調査しています。

使われなくなった救命艇、ドア、その他ヘリコプターのものと思われる部品が回収されたが、軍はサンゴが散らばる海底で飛行機を見つけるのに苦労している.

日本は、ますます自己主張を強める中国の軍事活動に対応して、台湾に近い地域の南西諸島で積極的に防衛能力を構築している。

防衛省によると、ヘリコプターは日本の南部本島である熊本県の主要な軍事基地に駐留していた。 その 10 人のチーム メンバーの 1 人である坂本雄一中将は、3 月下旬に師団長に昇進しました。

陸軍は、ヘリコプターが3月下旬に定期的な安全検査を受けたと述べた。 その後のテスト飛行中、または東京の南西約1,800キロメートル(1,120マイル)にある宮古島の本拠地である熊本への飛行中に異常は検出されませんでした。

日本は、迅速な対応、監視、および災害救援任務のために、1999 年に米国の製造業者シコルスキー エアクラフトによって開発され、三菱重工業によって製造された双発 4 ブレード多用途ヘリコプターであるブラック ホークの使用を開始しました。

READ  日本のクリエイティブ産業の労働者の80%が過去10年間に迫害されてきました