Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本遠征で聴衆を魅了する「ジャパニーズ・リサイタル・クラシックス・ダッカ」

バングラデシュと日本の外交関係樹立50周年を記念して、ダッカの日本大使館は今週土曜日の夜に特別コンサート「リサイタル・ダッカ・クラシック・オブ・ジャパニーズ」を開催した。

ロンドンに滞在中の日本人ピアニストである根岸由紀と、ケリー・テイラー率いるダッカの卓越した楽器奏者の国際グループであるダッカ・クラシックスが、クラシック音楽イベントに出演しました。

夜のダッカ クラシックスの他の 4 人のパフォーマーは、中塚美和 (ピアノ)、Yibin Yun (ピアノ)、山田啓介 (フルート)、山田英二 (オーボエ) でした。

ユキは、詩、情熱、妙技でピアニストとしての地位を証明してきました。 彼らは世界中のどこで演奏しても聴衆を魅了します。 1 暦年に約 30 回の国際コンサートに出演し、英国だけですでに 500 回以上のコンサートを行っており、その多くは有名なフェスティバルや劇場で行われています。

夜は、ドビュッシーの「月のクレア」、ガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」、坂本龍一の「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」を演奏した。

式典は、伊藤直樹駐バングラデシュ日本国大使の開会の挨拶から始まり、音楽を通じた国境を越えた文化交流に感謝の意を表した。

このイベントには特別ゲストとしてディプ・ムニ教育大臣とシャムス・アル・アラム計画担当大臣が参加しました。

ダッカの日本人合唱団「のだめ合唱団」も参加。

READ  ジョージア映画祭が東京で開催