Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本郵便が地上モニターのない無人エリアで初のドローン配送実験を実施

日本郵便が地上モニターのない無人エリアで初のドローン配送実験を実施

東京 — 日本郵便株式会社 3月24日、東京郊外の奥多摩市は、地上監視のない無人エリアを飛行するドローンを使った荷物配達の試験を国内で初めて実施しました。





2023 年 3 月 24 日、東京都奥多摩の住宅に荷物を届けた後、離陸するドローン。 (毎日/遠藤修平)

オペレーターが装置を監視することなく、無人機が無人機を無人で自動飛行させる「レベル4」の日本初の飛行であり、「ドローン宅配時代」の幕開けとなる。

このデモンストレーションでは、東京に本拠を置くACSL Ltd.が製造した最新のドローンが使用されました。 都心にある奥多摩郵便局から、駅などの施設がある山奥の邸宅の庭先まで、さまざまな物資を届けていました。 飛行距離は往復4.5キロ、9分かかりました。 荷物を受け取った小峰渉さん(64)は「(荷物を運ぶのに)負担がかからなくていい。冬は特に重宝する」と話した。

当日は雨のため、試験飛行の一部がキャンセルされた。 試験は1日で行われたが、日本郵便は将来的にドローン配送の実用化を目指しており、山間部などの過疎地域での配送効率の向上を期待している。 同社専務執行役員の小池伸也氏は「実用化はほぼ即日。2023年度以降にドローンの実用化を目指したい」と話した。





2023年3月24日、東京都奥多摩の住宅街の上空でドローンが荷物を運ぶ。 (毎日/遠藤修平)

ドローン飛行の最も難しいレベルであるレベル4は、日本の改正航空法の下で2022年12月に施行されました。 レベル3ではパイロットの視線が入らない海や山などの無人地帯の上空をドローンが飛行することが許されていましたが、レベル4では住宅地などの有人地帯の上空を飛行できるようになります。 改正法では、操縦士には新たに設けられた操縦免許と飛行証明書が必要となり、今回は国土交通省の認可を受けました。

日本郵便が2020年に同じ場所でレベル3の配達テストを実施したとき、飛行機は山岳地帯を飛行し、道路を横断するときは地上ガイドが車と歩行者を確認しなければなりませんでした. 最近のテストでは、ドローンは住宅地の上空を飛行することができ、飛行距離を 22% 短縮し、飛行時間を 40% 短縮し、地上のセキュリティを監視する人員を必要としませんでした。

(原作・動画:東京経済新聞部 遠藤修平)

READ  日本航空は13年ぶりに貨物機を就航させる予定だ