Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本銀行が初めて国債発行残高の50%超を保有

読売新聞資料写真
日本銀行ビル

東京、12月19日(時事通信) – 日銀のデータによると、月曜日、日本銀行が保有する日本国債の割合は9月末に50.26パーセントに達し、初めて50パーセントのしきい値を超えました。

現在の黒田東彦日本銀行総裁が就任した直後の2013年3月末の11.55%から、最新の数字は急激に上昇した.

7月から9月までのマネーフローのデータによると、日本銀行は四半期末時点で国債発行残高1066兆円のうち536兆円を保有していた(国債割引債を除く)。

一方、家計が保有する金融資産ストックは、前年同期比0.8%増の2005兆円となり、4四半期連続で2000兆円を超え、9月末には過去最高を更新しました。

一家の総金融資産のうち、現金と預金は1100兆円で2.5%増、保険は382兆円で1.1%増。

市場の低迷により、株式は8.1%減の196兆円、投資ファンドは1.7%減の86兆円となった。 どちらも第2四半期連続で下落した。

非金融企業の金融資産は3.9%増の1271兆円となり、過去最高を更新した。 円安のおかげで、対外直接投資は24.4%増の197兆円に達した。

READ  日本とロシアが気候変動と戦うために水素とアンモニアで協力する