Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本銀行は急いでデジタル円を発行しません

CBDC:日本銀行は急いでデジタル円を発行していません。 これは代わりに彼らの計画です。 (Behrouz Mehri / AFPによる写真)

  • 日本銀行は、マイナス金利の達成を目的としてデジタル円を発行しないと述べた。
  • 世銀は、技術的実現可能性テストを通じて、概念実証の第2段階に向かって進んでいます。
  • CBDCの有無にかかわらず、日本銀行は、日本国外で使用するにはあまりにもユニークなシステムを避けたいと考えています。

世界中の国々が中央銀行デジタル通貨(CBDC)の長所と短所を模索してきました。 主要な中央銀行でさえ、中央銀行のデジタル通貨に関する関連する政策問題の多くの詳細な評価を発表しています。 日本、 第一段階開始後 2021年4月のProofofConcert(PoC)から、彼は今月フェーズ2に移行しましたが、世界的な誇大宣伝にもかかわらず、デジタル円のリリースを急いでいます。

日本銀行最高経営責任者、内田真一 話し中 昨日のCBDに関する連絡調整委員会の第3回会合で、彼は次のように述べています。 CBDC、4月にフェーズ2のPoCに移行しました。」

内田氏は、PoCが完成したときのみ、銀行が前進する必要があると判断した場合、金融機関と決済サービスプロバイダーが関与するパイロットプログラムを検討すると述べた。 彼はさらに、「PoCの第2フェーズでは、銀行は第1フェーズで検討したコア機能に追加のより複雑なCBDC機能を実装し、それらの技術的実現可能性と課題を調査する予定です」と付け加えました。

実際、国の中央銀行はこれを繰り返し強調してきました CBDCをすぐにリリースする具体的な計画はありません しかし、日本銀行がそうするのであれば、内田氏は、デジタル通貨は民間部門の決済サービスと共存する必要があると述べた。 しかし、現時点では、決済システム全体の観点から、これらの個別の事業行動が市場細分化や市場支配の問題を悪化させる可能性を無視することはできないと内田氏は述べた。

「これらの問題を防ぎ、決済システムを安全かつシームレスにするために、私たちは民間決済サービスの「不採算」部分を提供する方法を考える必要があります。これが不採算である理由は、これらの決済サービスプロバイダーがしたがって、1つの政策オプションは、金融セクター全体またはより広いコミュニティが集合的に「不採算」セグメントを非競争的ドメインとして提供することです。

日本銀行は、公開された場合、デジタル円について2つの基本的な考え方を持っています

スピーチの中で、内田は日本が考慮しなければならない2つの主要な考えを思い出させた。 まず、中央銀行は認識しなければなりません 公共財としてのCBDCの役割 民間セ​​クター向けの決済サービスとの共存を確保する。 第二に、「水平共生」に加えて、さまざまなエンティティがCBDエコシステム内でどのように役割を共有するかを意味する「垂直共生」が重要になります。

エコシステムの可能な設計として、中央銀行が中央銀行のデジタル通貨を公共財として発行し、民間企業がエンドユーザーにオーバーレイサービスでCBDCを使用することを許可する構造を想定します。 「CBDCが民間企業によって開発されたさまざまなインフラストラクチャまたはプラットフォームを介して取引される構造を想定することもできます。このようなエコシステムにより、民間企業は非競争領域での投資の重複を回避し、革新と競争が可能な環境を促進できます。スケーラビリティの相互運用性を確保する」。

内田氏によると、中央銀行のデジタル通貨の潜在的な設計を検討する上でのもう1つの重要なポイントは、中央銀行が開発した中央銀行のプラットフォームは信頼性が高い必要があるということです。 「CBDCは一般の人々によって使用されるため、CBDCシステムも同様に使用される可能性があります。」 サイバー攻撃の標的、民間企業が提供するデジタル決済サービスと比較して。 さらに、CBDCシステムがサービスを停止した場合、社会的影響が大きくなることを十分に認識する必要があります。」

内田氏は、現在、中央銀行のデジタル通貨を発行する計画がないことを強調し、中央銀行のデジタル通貨を発行するかどうかの決定は、銀行だけでも金融部門だけでもできないと考えています。 「日本人が判断する必要があります。その際、前述の2つの問題を考慮に入れる必要があります。1つは、中央銀行が提供する公益としてどのような種類の中央銀行デジタル通貨が適切かということです。第二に、生物多様性条約に信頼性の高い生態系を構築する方法。」

第2段階のPoCではどうなりますか?

PoCの第2フェーズでは、銀行は、銀行からの預金の予期しないシフトに対する担保として、CBDCトランザクションおよび/または保有の量を制限するための機能を調査することを計画しています。 CEOは、銀行はボーナス機能も検討すると述べ、中央銀行の通貨に対するボーナスは必要ないかもしれないと付け加えた。

「負の金利を達成する手段としてそのような機能を使用するという考えは、学界で時々議論されますが、銀行はこれに基づいて中央銀行のデジタル通貨を提供しません。そのような動機は一般によって支持される可能性は低いです。さらに、これらの報酬の機能は、現金がまだそこにある間は運用上非現実的です。」

日銀はまた、今年度、世論を募り、発行された場合、中央銀行により多くのシステム固有の設計オプションを提供する機会を探しています。 内田にとってさらに重要なことは、CBDCの有無にかかわらず、日本は国外で使用するにはあまりにもユニークなシステムを避けるべきだと彼は信じています。

どのシステムが適合しませんか? グローバルスタンダード 地域のニーズを満たすように設計されていても、デジタルの世界では不利になります。 主要な中央銀行間の協力に重点を置いて、銀行は世界的な傾向に厳密に従い、その形成に貢献することを目指しています。」





READ  日本の農業、食品技術、イノベーションに関する国際会議(IJAF 2022)