Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本銀行長:COVID-19ワクチンの不確実な進展が経済を危険にさらしている



黒田東彦日銀総裁は、2020年10月29日、東京の中央銀行本部で記者会見を行います。

日本銀行の黒田東彦総裁は水曜日、最初の3回で予想以上に大流行した日本の景気後退後の予防接種の開始ペースの不確実性により、経済活動への下方圧力が強まる可能性があると警告した。 。 2021ヶ月。

黒田氏は、日本の研究所が主催するオンラインイベントで、国内経済は依然として「厳しい」状態にあり、経済活動は流行前よりも低水準であったと述べた。 彼は、日本銀行は今後もさらなる進展を監視し、必要に応じて追加の緩和措置を講じると付け加えた。

知事は、日銀がCOVID-19危機の影響に応じて、9月末以降の企業融資を支援するために昨年から実施されている緊急時対応計画を延長することを検討することを繰り返した。

黒田氏はイベントでのスピーチで、「銀行の予測では、COVID-19の影響は、主に予防接種の進展により、2023会計年度に及ぶ予測期間のほぼ半ばに収まると予想されている」と述べた。 日本総合研究所。

「しかし、ワクチンが導入された頻度とワクチンの有効性は疑わしいため、経済活動への下方圧力が高まるリスクがあります。」

知事は、国や地域でのさまざまな予防接種の頻度が世界経済にどのように影響するかなど、さまざまな不確実性を考えると、経済活動へのリスクは「現在、マイナスにシフトしている」と述べた。

一部のエコノミストは、1月から3月までの四半期のGDPが5.1%の真の年間縮小を示した後、世界第3位の経済大国であるため、日本経済は通常2四半期連続のデフレと定義される技術的不況に陥る危険があると述べています。再び縮小する可能性があります。4月から6月まで。

米国や英国などの国々では予防接種が遅れているため、日本はコロナウイルス感染症の減少に努めています。 東京や大阪などの都市部では、3回目のウイルス緊急事態が発生し、飲食店を含むサービス部門が爆撃されました。

日本銀行は4月、2023年4月の黒田期末までに2%のインフレ目標を達成できないとの予測を発表した。

しかし、2%の目標は「グローバルベンチマーク」であり、共通のインフレ目標の達成を目指す米連邦準備制度理事会などの主要中央銀行は金融市場の安定につながるため、2%の目標を維持することが重要であると述べた。

日本の物価状況は、インフレ懸念が高まっている米国とは対照的です。 3月の日本のコアCPIは、揮発性の生鮮食品を除いて、1年前から0.1%減少し、日本銀行の目標である2%からはほど遠いものでした。

黒田氏は、パンデミックの中で需要が弱く、価格に圧力がかかっているが、その減少は、COVID-19に対する消費者の警戒が一因であると述べた。 同氏は、需要を刺激するための値下げは企業間で広がっておらず、コアCPIはプラスに転じ、景気回復に伴って徐々に上昇すると予想されると述べた。

「銀行は、物価が全面的かつ持続可能な下落を見ているため、経済が再びデフレに陥ることはないと考えている」と黒田氏は述べた。

READ  日本の拡大したウイルスの緊急事態は1兆につながります。 円の経済的損失