Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本銀行 – 令和4年12月19日・20日財政政策会合議事録

10年物JGPの許容範囲延長決定 収率

収率

利回りとは、一定期間にわたって投資または証券によって生み出された収入を指します。 利回りは通常パーセンテージで表示され、そこから受け取る利息または配当の形をしています。 これらの数値には価格変動が含まれていないため、総収益とは異なります。 その結果、利回りは、株式、債券、およびその他の種類の投資商品などの債券商品のさまざまな規定収益率に適用されます。 比率としての収量または

利回りとは、一定期間にわたって投資または証券によって生み出された収入を指します。 利回りは通常パーセンテージで表示され、そこから受け取る利息または配当の形をしています。 これらの数値には価格変動が含まれていないため、総収益とは異なります。 その結果、利回りは、株式、債券、およびその他の種類の投資商品などの債券商品のさまざまな規定収益率に適用されます。 比率としての収量または
このルールを読む コンセンサスは、0% +/- 25bp から +/- 50bp の範囲でした。

ロイターによる見出し:

  • ある委員は、政策目標の変更は不適切であると述べた

  • ある委員は、日銀が物価目標をどの程度厳密に解釈すべきかについて、議論の余地があるかもしれないと述べた
  • あるメンバーは、日銀は将来のある時点で政策の枠組みを見直す必要があると述べた
  • あるメンバーは、日銀の緩和政策を終了する時が来たら、市場関係者は利上げに伴うリスクに備える必要があると述べた。
  • 多くのメンバーは、日銀が利回り目標の範囲を広げても、強力な金融緩和の効果は続くと述べています。
  • ある委員は、日銀はYCCへの変更が市場機能の改善にどの程度役立つかを謙虚に見るべきだと述べた
  • 一部の委員は、日銀は利回り幅の拡大が超緩和政策からの脱却ではないことを明確にするべきだと述べた。
  • 政府代表は、海外成長の鈍化は日本経済へのリスクであり、インフレの上昇、供給の制約、市場のボラティリティの影響を検討する必要があると述べた。
  • 会議中、政府代表は延期を要求し、議長によって許可された
  • 政府の代表者は、「今日の議論は、廃止をより持続可能なものにするための措置についてのものだと理解している」と述べた。
  • 政府代表は、日銀が安定的かつ持続可能な方法で物価目標を達成するために引き続き努力することを望んでいると述べた。

USD/JPY はリリースに応じてかろうじて動いた。

全文はこちら:

12月19日と20日の財政政策会議の議事録、

議事録は、「ブリーフィング」によって数週間前に公開されます。

12 月の会議と、世界市場を揺るがした JGB YCC 爆弾を思い出すかもしれません。

READ  日本の外務大臣モデキは政府の手綱を引き継ぐように設定されています