Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本電産のホンハイが合弁事業を計画

台北、7月21日(CNA)ホンハイプレシジョンインダストリー株式会社世界最大の電子機器メーカーである、は水曜日、日本のパートナーである日本電産との合弁会社を来年設立する予定であると語った。 電気自動車(EV)事業への協力拡大。

2つのコアパートナーとは別に、Hon Haiは声明の中で、提案された会社はFoxtron Vehicle TechnologiesCo。によってサポートされると述べました。 、2020年にHonHaiと台湾の自動車メーカーYulonGroupによって共同設立された自動車設計およびエンジニアリング会社。

声明によると、日本電産、フォックスコン、フォックスコンは、2021年末までに合弁会社を設立し、翌年には台湾に本社を開設する契約を結ぶ予定である。

Foxconnとして世界的に知られているHonHaiは、新会社は電気モーターやその他の電気自動車技術の開発、製造、販売に注力すると述べた。

日本電産は別の声明で、合弁事業は「さまざまな業界の自動車市場の顧客に大規模な販売を開始するための同社にとって重要なイニシアチブ」になると述べた。

AppleInc。のiPhoneで知られるHonHai は、業界の成長の可能性に目を向けて、近年、電気自動車セグメントに参入しています。

Hon Hai会長のLiuYoung-way(劉揚偉)は先月のビジネスフォーラムで、同社は電気自動車プロジェクトを通じて2025年までに粗利益率を10%に引き上げることを目指していると語った。

2021年の第1四半期に、同社は売上総利益率5.08%を報告しました。これは、売上高と売上原価の差です。

ホンハイ氏は、日本電産との合弁事業案は、3月に調印された最近の覚書に続くパートナーシップの拡大でもあると述べた。

フォックスコンと日本電産は、2021年の第4四半期までに、電気自動車駆動システムのプロトタイプとその他のパートナーシップの初期マイルストーンを作成する可能性が高いとホンハイ氏は述べています。

(Chung JongFengとTingBi Juによる)

最終品目/ PC

READ  景気回復が加速するにつれて、米国の雇用数は増加するでしょうか?