Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本:ミャンマーの不動産プロジェクトをやめる

(東京)-ミャンマーの軍事軍、ヒューマン・ライツ・ナウは、ヒューマン・ライツ・ウォッチ、日本国際ボランティアセンター、ミャンマー正義、メコン・ウォッチなどの商業用不動産プログラムへの日本企業の参加を阻止すべきである。 推奨 Yコンプレックス ヤンゴンのタンガレにある国の軍隊から借りた土地に建設されており、2021年2月1日の軍事クーデター以来長い虐待が悪化しています。

参加企業の1つである東京Datmonoは、 一時停止 政権交代後のY-Complexプロジェクトの運営。 ただし、一般市民を含むプロジェクト参加者 日本銀行国際協力 (JBIC)、 日本運輸・都市開発外国インフラ投資法人 (参加)、 フジタ株式会社、そして 東京ダットモノ、停止期間や再開条件を公表しなかった。

「日本政府と企業は、ミャンマーでビジネスを行うリスクを適切に評価できていない」と大川副事務総長は述べた。 今の人権。 「彼らは彼ら自身の欠点を認め、責任を持って行動しなければなりません。さもなければ、彼らは軍隊を危険にさらす危険があります。」

ザ・ Yコンプレックス、ショッピングモール、ホテル、オフィスの賃貸スペースを含め、ミャンマーの四半期ごとのマスタージェネラルオフィスが賃貸している「軍事所有の軍事博物館の土地」、10月15日付の「建設、運営、譲渡(ボート)土地賃貸借契約」に建設されています。 2013年。 契約では、BOT契約の有効期限が切れると、土地に作成された建物や設備を含む土地を「借主」に譲渡する必要があると規定されています。 したがって、Y-Complexリスクに関与する企業は、契約終了後も引き続き収益を生み出すことができる、軍用の不動の長期資産を作成します。 2020年6月22日、ミャンマー軍のスポークスマン 自信がある 軍が土地を所有し、国防省はYコンプレックス開発の賃貸料を受け取ります。

2021年3月5日、 調査 JPICは、Mekong Watchを通じて、ミャンマー国防省が土地賃貸料のすべての支払いを受け取ったと報告しています。 JPICはまた、国家予算法の下で、家賃の支払いは最終的に政府の国家予算に含まれると主張したが、この主張の根拠を公表しなかった。 JPICは、「株主」が外部から懸念を表明した後、ミャンマー政府にそのような詳細を確認するために、関係企業およびミャンマーの日本大使館と協力していると述べた。 しかし、まだ公表されていません。

菊池事務局長は、「政権交代前から、日本政府や企業が軍に資金が流入するリスクについて懸念を表明したが、必要な措置を講じなかった」と述べた。 メコンウォッチ。 「日本の財政がミャンマー軍の手に渡った可能性があるという事実を強く非難する」と語った。

ミャンマーの2008年憲法の下では、軍事政権の間に採択されたミャンマー国防省は軍の管轄下にあり、軍は民主的に選出された政府から独立しています。 憲法第20条(b)に基づき、「治安機関は、軍隊のすべての問題を独立して管理および裁定する権利を有する」。 第232条(b)(ii)に基づき、国防大臣は陸軍最高司令官によって指名されます。 他の法律はさらに、Y-Complexのリース支払いの検査または責任を禁止しています。 たとえば、連邦監査人一般法の第39条に基づき、国防省は監査を免除されているため、国防省への土地賃貸料の支払いは政府の監視の対象にはなりません。

ラカイン州での人道に対する罪やミャンマー全土の民族地域でのその他の深刻な国際犯罪に長い間関与してきた軍事的虐待は、政権交代以来激化しています。 ザ・ 政治犯支援協会 (AAPP)2021年7月12日の時点で、治安部隊は900人以上を殺害し、当局は5,200人以上を逮捕、起訴、または有罪判決を下しました。 軍はまた、学校、村、礼拝所、その他の民間構造物に対する無差別空爆や無差別空爆など、少数民族地域での作戦を強化している。

ヒューマン・ライツ・ウォッチのアジアプロジェクトオフィサーであるデビー・カサイ氏は、「日本企業と政府は、民間人が管理する防衛省ではなく、無数の残虐行為に責任のある軍隊と取引していることを長年知っていた」と述べた。 「日本政府と企業は、ダトマダとの事業計画を再開したくないことを明確にする必要があります。」

2021年2月17日の国連人権・国境を越えた組織やその他の事業組織への共同提出で、5つのグループすべてがY-Complexプロジェクトがミャンマーの軍隊に資金を提供しているかどうかの調査を求めた。 共同提出の時点で、Y-Complexプロジェクトに関与する日本企業はいずれも、貿易と人権に関する国連ガイドラインによって求められている有能な人権のために勤勉に行動していませんでした。

「Y-Complexに関与している企業が、ミャンマーでのクーデターと軍のテロキャンペーンの後、プロジェクトの状況を明らかにしていないのは残念だ」とスポークスマンのYatanerMungは述べた。 ミャンマーの正義。 「戦争犯罪や人道に対する罪を犯すために軍が使用する武器を購入する事務所である四半期のマスタージェネラルオフィスから土地を借りる理由はありません。日本政府と企業はミャンマー軍の残虐行為に加担しなければなりません。」

国連 指導原則 「国は、国有または管理されている企業を人権侵害から保護するために追加の措置を講じるか、国有企業から実質的な支援とサービスを受ける必要があります。」 2021年5月12日、国連の貿易と人権に関する条約ミャンマーの人権状況に関する執行委員会および特別報告者 と呼ばれる 企業は「彼らの人権責任を支持し、深刻な人権侵害を防ぐために軍事フンタに圧力をかけること」。 組織は、「ミャンマーで活動を続ける場合、人権侵害への貢献を回避するため、または犯罪に加担し続けるために」ガイドラインに従って行動しなければなりません。

2020年10月16日、日本政府は ビジネスと人権に関する5年間の国家行動計画指定します 「国際社会を含む企業の行動によって悪影響を受ける人々の人権と社会全体の人権の促進と保護に貢献することを目指しています。」

「日本政府と企業は、人権を真剣に理解し、国家行動計画とその企業方針に定められた義務を責任を持って積極的に遵守する必要があります」と、外国計画委員会の渡辺直子委員長は述べた。 日本国際ボランティアセンター。 「そうしないと、彼らはミャンマー軍に資金を提供するだけでなく、彼らの評判をさらに傷つけるでしょう。」

READ  ライオンズチームの日本戦にはイングランド代表が2人しかいません。