Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本:動物性食品に代わる健康的な代替品の需要が植物ベースの食品市場を加速 – ビーガン エコノミスト

日本:動物性食品に代わる健康的な代替品の需要が植物ベースの食品市場を加速 – ビーガン エコノミスト

ヨーロッパ諸国に比べてまだニッチ市場とみなされていますが、健康、ウェルネス、持続可能性への関心の高まりにより、植物ベースの食品市場の成長が促進されています。 日本

によると、日本の植物ベースの食品市場は、2023年から2028年の期間に11.2%の成長率(CAGR)を示すと予想されています。 イーマークグループ、アメリカの大手市場調査会社。

IMARCグループによると、日本料理はすでに健康的であると考えられているが、日本の消費者は幸福を改善し、ライフスタイルに関連した健康問題を予防するために、動物性食品に対してより健康的な選択肢を求めているという。 植物ベースの食事は、慢性疾患のリスク軽減、体重管理、老化プロセスの遅延など、さまざまな健康上の利点と関連しています。

こうした消費者のニーズに応えるべく、味噌メーカーなどの老舗企業が台頭している。 マルコメ そして玄米会社は メイソン・ファイン・フーズ・カンパニーは、大豆と米をベースにした製品のブランドを導入し、30 以上の革新的な肉代替製品を提供しています。 食品メーカーのケンコーマヨネーズは最近ビーガンブランドでトレンドに加わりました ハッピー!! ベジタリアンと

©ケンコー

柔軟性と食品技術

IMARCグループによると、気候に配慮した肉食者や環境に優しい選択肢を探している人たちも市場の成長を促進しているという。 企業は食品技術を活用して、味、食感、栄養面で動物性食品に匹敵する現実的な代替肉を開発しています。

植物由来の肉会社 Daiz は丸大豆を使用しており、 独自の高圧方式 奇跡の肉と呼ばれる食材を作るために。 ハンバーガー、餃子、唐揚げ、マグロなど応用範囲は広いです。 DAIZは液卵の代替品も開発した。 日清食品ホールディングスは最近、うなぎのかば焼きのベジタリアンバージョンを発売し、… リアルな味わいと食感を実現します。

日本で唯一の上場代替肉会社、 次の肉は多額の資金を調達し、コストコジャパンでも幅広い植物ベースの製品を提供するようになりました。 また、 1946年創業のカバヤ食品株式会社が事業を開始 大豆ベースのジャーキー 2018年に、それらは優れたタンパク質と繊維源を提供すると主張しました。

部品カテゴリーに関しては、日本の材料サプライヤー 信越 植物ベースの食品の食感や味を向上させるために、原材料がますます発明されています。

スターバックスジャパンのベジタリアンメニュー
©スターバックス ジャパン

レストランでのベジタリアンメニュー

さらに、市場調査では、レストラン、カフェ、スーパーマーケットで植物ベースのオプションが利用できるようになったことで、消費者の関心と採用も増加していることが明らかになりました。 植物ベースの食事への移行において、食品サービスが主導的な役割を果たしていると言われています。

現在、ビーガン ブランド 2foods には、100% ビーガン製品を提供するファーストフード レストランと小売店が 5 店舗あります。 ファーストフードチェーンなど ムースバーガー そして ドトールコーヒー 野菜たっぷりのハンバーガーを提供します。 スターバックス ジャパンはまた、世界中で炭素排出量を削減するためのチェーンの取り組みの一環として、一連の新しい植物ベースの製品を導入しました。

フレッシュネスバーガー地元のファストフードチェーンは、食品テクノロジー企業Daizと提携して開発した大豆ミートを含む植物ベースのハンバーガーを発売した。 まずは東京の同チェーン店で全国に試験展開した。

新鮮野菜のソイとアボカドのバーガー
©フレッシュネスバーガー

倫理的および環境上の懸念

さらに、IMARCグループが実施した市場調査によると、消費者は食品の選択が倫理的および環境に与える影響をより意識するようになり、持続可能性に貢献するための食生活の変化につながっています。

たとえば、鳥インフルエンザによる家禽卵の価格高騰により、メーカーや外食産業が卵代替品に関心を寄せるようになっています。 食品技術企業 ほぶたま2食べ物、Umami Unitedは卵代替品を市場に発売しました。

市場の潜在的な成長の他の理由には、食料安全保障が含まれます。 2020年、日本の農林水産省は、タンパク質源の多様化と植物ベースの食生活の推進に関する計画を策定し、代替タンパク質を重要な分野と述べた。

日本料理は伝統的に肉と魚をベースにしており、国内の肉生産量は少なく、土地が不足しており、輸入に大きく依存しています。 さらに、持続可能性と気候危機への取り組みは世界的な優先事項となっています。

「私たちは日本において植物由来の食品には大きな可能性があると信じており、美味しく持続可能で文化的に価値のある製品を生み出す上で先頭に立ち続けることを楽しみにしています」と2foodsのCEOである東義一氏はVegan Expertのインタビューで語った。

READ  関西国際空港で無許可タクシーを運行。 空港; タクシー運転手は外国人旅行者に対応します