Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本:年齢層別の女性のBMIステータス

日本:年齢層別の女性のBMIステータス

2019年11月に実施された調査によると、日本の女性のほとんどは体格指数(BMI)が正常範囲内でした。 40歳から49歳の年齢層の女性回答者の約70.5パーセントはBMIに関して標準体重であったが、約16.6パーセントは過体重であった。

日本における体重管理

現代日本社会における死因の多くは生活習慣病によるものです。 生活習慣病による死亡者数を減らすため、日本政府は2008年に40歳以上の国民を対象にメタボリックシンドロームの新たな年次検査を実施した。 検診でメタボリックシンドロームまたはメタボリックシンドローム予備軍と判定された人は、栄養士から食生活やライフスタイルを改善するためのアドバイスやサポートを受けられます。 政府は新たなライセンスも導入した 常穂 1991年、生理機能にプラスの影響を与える可能性のある成分を含む食品および飲料が対象となりました。 現在、日本の大手企業は、ライセンス要件を満たすことができる多くの食品および飲料製品を製造しています。 こうした措置にもかかわらず、日本で過体重に分類される人の割合は近年あまり変動していない。 2019年の時点で日本人男性の約32%が過体重に分類されており、過去10年間で最高となった。

若い女性の体重減少

太りすぎに分類される人々とは対照的に、日本の若い女性は低体重であるという問題に直面しています。 調査によると、20歳未満の女性のほぼ21パーセントが低体重であると報告されています。 日本の保健省は、社会やメディアにおける美の基準の普及と、ダイエット方法に関する情報の氾濫が、日本の若い女性の「痩せたい」という願望を助長していると指摘した。 女性の更年期障害や骨粗鬆症などの健康障害のリスクを軽減するため、政府は2022年までに30歳未満の女性人口の20%未満が低体重になるという目標を設定した。

READ  21トンの中国のロケットは宇宙ステーションの打ち上げ後に地球に落下します