Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本:成人スポーツへの週間参加頻度別(2023年)

日本:成人スポーツへの週間参加頻度別(2023年)

2023年11月に実施された調査によると、日本の成人参加者の52.1%が過去1年間に少なくとも週に1回スポーツに参加した。 成人の約27%は、その期間中少なくとも週に2回運動をしていました。

スポーツ振興

日本は出生時の平均寿命が最も長い国の一つです。 2020年、日本の平均寿命は9年連続で上昇し、84.56歳となった。 国民の年間医療費も近年増加し続けています。 政府は、医療費のさらなる増大を防ぎ、国民の健康と長寿を守るために、スポーツ参加率の向上が必要であると考えています。 2017年に発表されたスポーツのマスターブループリントの中で、政府は2021年末までに国内の週1回のスポーツ参加率が65%に達するという目標を発表した。

運動のために歩く

日本の成人男女にとって、ウォーキングは依然として最も人気のある運動であり、2019年には参加者の60%以上がこの活動に参加しました。日本政府はウォーキングを最も効率的で簡単なスポーツの1つとして推進しています。 現代日本社会における課題演習。 日本の人々が毎日歩く平均歩数は、過去 10 年間、男性で約 7,000 歩、女性で約 6,000 歩で安定しています。 保健省は、FUN + Walk推進プロジェクトを通じて、20歳から64歳までの人の歩数を2022年までに男性9,000歩、女性8,500歩に増やす目標を設定しました。 このプロジェクトは主に、仕事をしていて運動する時間が少ない人たちをターゲットにしており、外出先や日常生活の中でもっとウォーキングに取り組むことを提案しています。

READ  ブレイクダンス連盟はスポーツ省を支援しようとしています