Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本:政府代表団が投資オプションを探求するためにすぐに日本を訪問するブバネシュワールニュース

ブバネシュワール:最近の日本セミナーのフォローアップである三菱ケミカルホールディングスと、オリッサ州への投資機会について話し合うために、州政府の代表者が間もなく日本を訪れる可能性があります。
産業国務長官のヘマント・シャルマ氏は、日本セミナーの結果は、三菱グループが国、特に化学部門への投資に関心を持っていることを示したと述べた。
シャルマ氏は、「オリッサ州への投資機会について三菱グループと話し合うために、間もなく日本に来る予定だ。潜在的な投資家をフォローアップする方法は他にもいくつかある」と語った。
公式情報源オリッサ産業振興投資公社(IPICOL)は、提案された来日のスケジュールに取り組んでいます。
セミナー中、産業長官は、鉱物ベースの産業の観点から、オリッサ州の自然の利点を強調しました。
過去2年間で、4万ルピーの投資を呼び込むことができました。 現在、インフラストラクチャ、港湾、鉄道、道路、電力、能力開発への巨額の投資により、私たちは多様なビジネスにとって好ましい目的地です」とシャルマは説明しました。 彼はまた、オリッサ州でのキャリア志向のインフラストラクチャとキャリア成長の機会についても話しました。
貿易サミットの一環としてオリッサ州にビジネス代表団を率いた鈴木聡駐日大使は、多くの日本企業を含む海外からの投資を誘致するための政府の努力を称賛した。
彼はまた、すべての業界情報、インセンティブ、およびさまざまなサービスを促進する単一ウィンドウポータルであるCo-Swiftを賞賛しました。 外交官は、オリッサ州の日本企業の数は過去10年間で増加していると述べた。
セミナーの一環として、ユニオン外務大臣のハーシュ・ヴァルダン・シュリングラは、日本の代表団に、産業と経済の成長を促進するためにセンターが取った最新のイニシアチブとイニシアチブについて説明しました。 組合書記はまた、州の産業インフラを称賛した。
アルセロール・ミッタル・ニッポン・スチール、DRLクロサキ、タタ・グループ、アディティア・ビルラ、インド・ナイシン・フーズ、リライアンス、マインドツリーなど、すでにオリッサに投資している企業のトップエグゼクティブは、日本の潜在的な投資家と経験を共有しました。
日本の投資家をオリッサ州に歓迎し、国営産業大臣のディピア・シャンカー・ミスラ氏は、日本はインドとオリッサ州のパートナーであると述べた。 「私たちの州は、ナヴィーン・パトナーク首相のリーダーシップの下で、産業と文化の分野で日本との永続的な関係を構築することを約束しています」とミスラは言いました。

READ  最終ガイド:オーストラリアと日本