Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本:日銀が17年ぶりに利上げ

日本:日銀が17年ぶりに利上げ

東京(AP通信)—日本の中央銀行は火曜日、17年ぶりに基準金利を引き上げ、景気刺激を目的とした長年のマイナス金利政策を終了した。

日銀の銀行向け翌日物貸出金利は、超緩和金融政策からの転換への期待を確認した政策会合で、マイナス0.1%から0─0.1%の範囲に引き上げられた。

利上げは2007年2月以来初めて。マイナス金利政策は、経済に資金を注入し借入コストを低く抑えるための他の政策と相まって「その役割を果たした」。 日本銀行総裁 上田和夫 彼は記者団に語った。

同銀行はインフレ目標を2%に設定しており、これを日本が最終的にデフレ傾向から脱却したかどうかを測る指標として使用している。 しかし、ここ数カ月間のインフレ率がほぼマイナス金利であることがデータで示された後でも、同氏は金融政策の「正常化」やマイナス借り入れ金利の終了については慎重な姿勢を崩さなかった。

上田氏は、賃金と物価が緩やかに上昇する「好循環」があると述べ、金融政策はしばらく緩和的な状態が続くと強調した。

同氏は、民間銀行やその他の金融機関が金利について独自に決定することになるが、急激な引き上げは予想していないと述べた。 同氏は、混乱を引き起こす可能性がある金利の大きな変動を中銀が監視すると付け加えた。

同氏は「2%の安定的かつ持続的なインフレが予想されたため、この決定を下した」と付け加えた。

この変化を裏付けるもう一つの要因は、日本企業が今年の労働組合との交渉で比較的強力な賃上げを発表したことである。

日銀は最新の決定声明で、「事例」の計算や最近収集したデータに言及し、企業の賃金と利益は改善していると述べた。

同氏は「日本経済は緩やかに回復した」と付け加えた。

今週初めの日本のメディア報道を受けてこの決定は予想されていたため、市場の反応は弱かった。 東京の指標となる日経225指数は火曜日、0.7%近く上昇したが、ドルは150円付近で安定した。

アナリストらは、同行は全体的な融資緩和の枠組みを急いで変更することはないだろうし、物価を注意深く監視するだろうと述べた。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのチーフエコノミスト、田口晴美氏は、インフレ率が2%を下回り始める可能性があり、人々が支出ではなく貯蓄を選択した場合、賃金上昇が必ずしも強い個人消費につながるとは限らないとの見方を示した。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスの分析によると、「銀行の決定は金融市場のパフォーマンス改善に貢献するものの、実体経済への影響は限定的となる可能性が高い」という。

上田氏は、2%のインフレ目標が達成され、賃金上昇も伴えば、中銀はマイナス金利やその他の緩和策を見直すと繰り返し述べてきた。

日銀の政策は日銀の政策とは全く異なる 米国連邦準備制度 そして欧州中央銀行。 両国ともインフレ抑制のために金利を急遽引き上げた後、引き下げに転じた。

日本銀行は、力強い経済成長を維持するために日本の消費者や企業の支出と投資を奨励するため、長年にわたって借入コストを非常に低く抑えてきました。

日本は最近、世界で第 4 位の経済大国になりました名目GDPではドイツに遅れをとっている。 米国経済が最大で、次に中国が10年以上にわたって日本を追い越している。

日銀関係者らは、インフレが外部要因ではなく、賃金上昇を支える国内要因に基づいていることを確認したいと述べている。 アナリストらは、日銀は今後も利上げに向けてゆっくりとした動きを続けると予想している。

金融緩和政策には、日本国債やその他の資産の購入を通じて経済に巨額の資金を注入することも含まれていました。 日銀は国債買い入れを約6兆円(402億ドル)のペースで継続し、経済動向に応じて迅速に調整すると述べた。

しかし、REITやその他の資産の購入を停止するか、終了の期限を示した。

上田氏の前任者、黒田東彦氏が10年以上前に導入した超緩和金融政策は、借り入れコストが低いため人々の支出を増やす、同氏がインフレ期待の「好循環」と呼ぶものを生み出すことを目的としていた。彼らは将来の価格上昇を恐れている。

これは、人々が価格下落を期待して購入を控え、企業が投資を削減し、賃金を削減するよう促したため、デフレ傾向の波に対抗することを目的としていました。

日銀は経済評価の中で、世界的な需要が低迷する中でも現在の回復は部分的には「滞留需要の顕在化」に依存していると述べた。

しかし同氏は、自動車メーカーによる生産削減の影響もあり、鉱工業生産が停滞していると指摘した。 住宅投資は比較的弱く、政府支出は「ほぼ横ばい」だった。 上田氏は状況を「完璧とは言えない」と表現した。

日銀は「見通しへのリスクに関しては、日本の経済活動と物価を巡る不確実性は非常に大きい」と述べた。

___

Xの影山優里: https://twitter.com/yurikageyama

READ  チップ危機がPlayStation5に打撃を与えると、ソニーの株価は下落する