Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本2月住宅支出はコロナウイルスの障壁に苦しんでいる

コロネーション・カネコとダニエル・ルーシング脚本の作品

東京(ロイター)-日本の家計支出は2月に3ヶ月連続で減少し、火曜日にコロナウイルスの拡散を抑制するための緊急制裁が消費に打撃を与え、長期的かつ高い景気回復のリスクを高めたことを示すデータがあります。

個々のデータによると、国のインフレによって調整された実質賃金は、流行が経済を圧迫し続けたために価格が下落したため、2月に1年ぶりに上昇した。

アナリストは、第1四半期の経済収縮は東京などの非常事態宣言であり、コロナウイルス事件の急増事業がサービス部門、特にレストランやホテルに圧力をかけていると予測しています。

政府のデータによると、住宅支出は1月の6.1%の減少の後、2月には6.6%減少し、平均市場予測の5.3%と比較されました。

月次の数値は楽観的な指標に含まれており、最大2.4%の支出で、1月の7.3%の減少から回復し、2.8%の利益予測と比較されました。

2020年までにエピデミックが戦後の不振に陥った後、日本は昨年、経済を復活させるために大規模な金銭的および財政的インセンティブを動員しました。

アナリストは、第1四半期以降、日本が消費不足を補うために大規模な輸出部門を後押しするにつれて、堅調な世界需要が徐々に回復すると予想しています。

アナリストは、経済回復を後押しするためのより多くの刺激があるかどうかに焦点を合わせています。 週末に、日本の与党幹部は、今年度の流行による経済的打撃に対抗するための追加予算の可能性を特定した。

(金子コリによる報告、安藤律子とスティーブン・コーツによる編集)

READ  日本がデジタルCOVID-19ワクチン接種証明書を発行する:報告