Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本2021年度の経常収支は、余剰燃料価格の上昇により22%縮小

財務省によると、2021年度の日本の経常黒字は22.3%減の12.64兆円(976億ドル)で、エネルギー価格が高騰し、資源不足の国のトレードオフバランスが悪化した。

ウクライナに対するロシアの攻撃は、石油とガスの価格を押し上げました。

原油と石炭の購入額は倍増し、液化天然ガスは58.8%増加し、輸入額の35.0%増の87.15兆円に達した。 コロナウイルスの流行の落ち込みからの世界的な景気回復も、エネルギー価格の上昇に貢献しました。

同省の関係者によると、最近の対ドル円安により、日本の輸入コストはさらに上昇している。 2021年度の米ドルの平均は112.38円で、前年度から5.9%上昇した。

世界のチップ需要を反映して、輸出は半導体製造装置の輸出に比べて33.9%増の25.1%増の85.50兆円となった。

20年度の黒字は3.78兆円で、3月期の貿易収支赤字は1.65兆円であった。

貨物輸送と旅客輸送を含むサービス貿易は、4.80兆円の赤字を記録した。

エピデミックのなかで、日本企業が外国企業からソフトウェアやクラウドサービスを購入し、配信を促進するために、1年前の3.54兆円の赤字から赤インクが増加したと当局者は語った。

外国人観光客のサービスや商品への支出額と日本人の海外支出額を反映した旅行収支は、前年度の2,559億円の黒字に続き、1,914億円の黒字となった。 エピデミック前の2019会計年度には、日本は2.46兆円の黒字を記録しました。

日本は3月だけでも経常黒字2.55兆円を記録し、対外投資収益率を反映した一次収益の拡大に支えられ、2ヶ月連続の黒インクとなった。

月額一次所得は、前年比1.40兆円増の3.26兆円となり、円安化した外資系企業の配当が増加した。

3月の貿易赤字は前年比1.16兆円減の1,661億円となり、5ヶ月連続でエネルギー価格が上昇した。

製薬会社を含む日本企業が外国企業に支払う金額が増えたため、サービス貿易は1,030億円下落して1,277億円の赤字となった。

READ  日本の地図福島の水除去計画